« カラスの想い出 | トップページ | 五木ひろしの「近道なんか、なかったぜ」 »

2008年3月10日 (月)

みんな、そんなに毎日更新するな!

 どこかで読んだけれど、いまや日本人の10人にひとりは自分のブログを持っているんだそうである。ものすごい数である。赤ちゃんやじいちゃん、ばあちゃんなど、その可能性の少ない頭数を差し引くと、日本人中のブロガー濃度はもっと高まる。
 いったい、その「熱」はどこからやってくるのか?
 そのことについては、自分もその「熱」に取り付かれているから、なんとなく分かる。楽しいのである。どこの誰だか分からない人に向けて、ちょっとした思い付きや日常的な感想を発信するのが面白いのである。
 
 それにしてもだよ、どうしてみんな、そんなに毎日、更新するの? もっとのんびりできないもんかなあ。関谷江里さん、森綾さん、伊原純子さん、内田樹先生・・・・、自分が面白いと思うブログは、みんなほとんど毎日更新されている。なんだか、「お前もさっさと更新しろ、更新しろ」と煽られているようで、落ち着かないったらありゃしない。

 もっとも最近の内田先生は、のんびりブログを書いていられないほどひっぱりだこで忙しいらしくて、更新が間遠。たまに更新されても、一時期の濃厚な、コンクジュースのような文章には、接することができない。ちょっと淋しい気がする。「AERA」の連載など引き受けてないで、ブログに全精力を投入されてはいかがか。予言してもいいが、すぐに、朝日の官僚的体質とぶつかって、ぶちきれると思うよ。

 関谷さんなど、数日更新せずにいると、病気で倒れたの?、とか、また交通事故をおこしたの?(笑)、などというファンの心配メールが殺到するのだそうである。その点、私など、ファンに心配をかけるという心配はない。なにしろ、先日の「嘔吐論」と「カラス」以来、来客が3、4人で、しかもそのうちのひとりが自分だったりするのだから・・・・。
 やっぱり、気持ち悪い話はあかんのかなあ。

 でもねえ、どうしても書きたいんですよ、こういうくだらない思いつきって。書いとかないと忘れちゃうし、オーラルで切々と訴えられても、聞かされるほうはたまらないだろうし(そう思うほどの常識はある)。

 ブログの魅力について、内田先生はこう書いている。

<どんな思いであれ、それを受信し共感してくれる人がどこかにいる、という確信が得られると、その「思い」はくっきりとした輪郭を獲得し、ふくらみ、熱を帯びてくる。
 この感じは「恋の始め」によく似ている。
 恋人ができると人は雄弁になる。それは自分の語るどんなつまらない言葉にも深く心を込めてうなずいてくれる聞き手を得たからである。そうすると、その日に起きた、「あらためて人に聞かせるほどのこともないけれど自分の心には残った出来事」をきちんと記憶しておこうという気分になる。(略)
 インターネットで発信することの余得は、そうでもしなければ誰も聞いてくれないはずのとりとめのない「思い」を受信し、耳を傾けてくれる誰かがいるという期待のせいで、何だか生きている「張りが出て」くるということにある。
 「インターネットは人間を変える」とはこのことである。>(冬弓舎「大人は愉しい」P5-6 )

 逆に言えば、他に生きている「張り」があれば、そんなにブログに熱中することもないわけだから、つまりは、「心は孤独なブロガー」ってことになるのかも。

|

« カラスの想い出 | トップページ | 五木ひろしの「近道なんか、なかったぜ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハイ!(挙手
見てます!見てます!私はコチラの愛読者です!!

・・・と思わず声をはりあげたくなりました。
たびたびのコメントすみません。
ちなみに、先日初めてこちらにお邪魔したあと
「すごくおもしろいブログを発見した!」と大興奮して
仲のいい友達に報告したら、友も欠かさずチェック
するようになったそうで、最近ではこちらの日記更新の
知らせをその友から受け取ったりします(笑)。
気持ち悪い話でもぜんぜん平気です!
楽しみにしてますので
これからもぜひガンガン更新してください!

・・・それと、『AERA』で内田先生の連載始まるようですね。
私も先週号だったか、養老孟司さんのコーナーで
開始予告のような文章を拝見し、ちょっと驚いていたのでした。
どんな内容になるのか、いろんな意味で興味津々です。

投稿: みん | 2008年3月12日 (水) 15時39分

みんさん、励ましのお言葉、ありがとうございます。
誰かが確かに私の声を聞き取ってくれている、と思うことは、内田さんが書いているように、「生きる張り合い」につながります。本当にありがたいことです。これからも、自己規制することなく、思いつくままを、時にとんでもないことであっても、丁寧に書き綴っていこうと思います。
ネタはいろいろと用意していますので、お楽しみに!

路傍の意地、より。

投稿: みんさんへ 路傍より | 2008年3月12日 (水) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんな、そんなに毎日更新するな!:

« カラスの想い出 | トップページ | 五木ひろしの「近道なんか、なかったぜ」 »