« 篤姫が眺めていた「江戸の惨状」 | トップページ | 風邪をひいてしまった・・・・・・・・・・・・ »

2008年11月 6日 (木)

オバマ新大統領と「打倒! 自由主義経済」

  

  10月16日の項で、こんな風なことを書いた。


  アメリカが今回の甚大な金融危機を引き起こす前に、こんなことをしていては大変なことになるよ、と注意を促す叡智の人がアメリカにはいなかったのだろうか。いかに鈍重でも、米国金融界のかくも傍若無人な振る舞いを見ていれば、一言言わずにはいられなかったのではないか、と。

  もちろん、そういう人はいた。ただ私が知らなかっただけで、早くから警鐘を鳴らし続ける経済学者が確かにいたらしい。ただ日本のマスコミは、危機が起きる前に、ではなく、危機が訪れたその後に、彼らの意見を紹介している。まさに後知恵以外の何物でもないのだが・・・。

  月刊誌「WILL」の12月号でG・ボグダン氏が紹介しているのが、今年ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学教授のポール・クルーグマン氏の意見。こんな記事である。

<彼(クルーグマン氏)はコラムの中で、再三ブッシュ大統領が推し進めたグローバリゼーションや80年代から増え続ける個人と国の借金を憂い、深刻な危機の訪れを訴えてきた。
  まさに「予言者」となったクルーグマン氏は、金融危機が訪れたそのとき、ヘンリー・ポールソン財務長官に書簡を送っている。その中では、「あなたはロシアン・ルーレットを楽しんでいる」と綴られ、誰かが確実に銃弾を撃ち込まれることを言い当てていた。>(P28)

      もう一人が、やはりノーベル経済学賞を受賞したコロンビア大学のジョセフ・スティグリッツ教授。(余談だが写真家のアルフレッド・スティーグリッツはスティーグリッツと音引きが入るのに、こちらは無しで表記するんですね。不思議)

   このスティグリッツ教授の意見を11月3日付けの朝日新聞が掲載している。

<責任はまず、金融界やモーゲージ業者、そして私が「共犯者」と呼ぶ各付け会社にある。背景にあるのが、自由な市場経済を口実にしたブッシュ政権の規制緩和と企業優遇策だ。・・・・FRBにも不良債権の毒を爆発的に広げた重大な責任があるが、とりわけ非難されるべきはブッシュ政権の政策だ。>

  と、ブッシュ政権の非を強く唱えている。

<この危機をきっかけに、新自由主義は終わりを迎えなければならないと思う。規制緩和と自由化が経済的効率をもたらすという見解は行き詰まった。
  ベルリンの壁の崩壊で、共産主義が欠陥のある思想であると誰もが理解したように、新自由主義と市場原理主義は欠陥のある思想であることを、ほとんどの人が理解した。>

  彼らがここで再三主張していることは、ブッシュ政権(共和党政権)がとり続けてきた「新自由主義」は完全に行き詰ったということである。

    アメリカの共和党が堅持する、伝統的保守思想は「自由主義」である。信教の自由を求めてヨーロッパから命からがら逃げてきた人々が打ち立てた国アメリカでは、何よりも自由である、ということが第一義的に重要視される。経済における自由主義とは、自由市場で勝手に競争させておけば世の中はよくなるという信念である。よって、市場経済に関して政府の権限は小さければ小さいほどいいということになる。

   そんな信憑が共和党には根強く息づいているらしい。

   しかし、アメリカの国民はこのたび、次期大統領として民主党の、バラク・オバマを選出した。この行き詰まりを解消してくれるのは、もはや共和党ではない、という考えに国民の多くが傾いたからなのだろう。

   共和党が奉じる信念が「自由」であるならば、民主党が掲げるのは「平等」という名の松明である。簡略化して言えば、自由と放任は常に手を携えているので、時には自由をセイブしてでも、平等をもたらさねば、人は幸せにはなれない、という信憑である。

   したがって、今後、アメリカでは監督・規制が極めて強化されるだろう。オバマ新大統領は明確にその方向に向かって舵取りをするだろう。国民の大多数がそれを望むのだから。そのことで、すくなくとも金融業界の放埓なふるまいは当座抑制されることになるだろうことは想像に難くない。

   しかし、すぐにオバマが思い知らされるのは、アメリカのエスタブリッシュメントはその金融業界の方々によって形作られているという、厳然たる事実である。さて、どうやってオバマは生き延びればいいのか。

|

« 篤姫が眺めていた「江戸の惨状」 | トップページ | 風邪をひいてしまった・・・・・・・・・・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オバマ新大統領と「打倒! 自由主義経済」:

« 篤姫が眺めていた「江戸の惨状」 | トップページ | 風邪をひいてしまった・・・・・・・・・・・・ »