« もっといろいろ付け足したいのでアイデア募集! | トップページ | 「理」でなく「情」をこそ。 »

2008年11月11日 (火)

黒人大統領からズルズル・ジーンズまで

   またしても分からないことが出現。

  オバマ新大統領(来年1月からだけど)を指して、「黒人初の大統領」という呼称がもっぱらだけど、本当にそう呼んでいいのだろうか、と強い違和感を覚える。ご存知のように、バラック・オバマさんはケニア人のお父さんと白人のお母さんの間に生まれている。たまたまケニア人のお父さんの肌の色を強く受け継いで褐色の肌に見えるけれど、それはたまたまであって、場合によっては母の肌色を受け継いで、白人としか見えないアピアランスで誕生した可能性だってあったのである。

  もし、そうであったとしても、マスコミは「黒人初の大統領」として彼を迎え入れただろうか。疑問である。もし、白人と黄色人種の間で生まれた子供が大統領に選出された場合には、「黄色人種初めての大統領」と呼んだだろうか。

   もっとも、「黒人初の大統領」と呼んだマスコミは、「ついに我々アメリカ社会は黒人をその統領に選出するほどの理性を獲得した」ということを強調したいのだろうか。たしかに、この国で黒人が味わってきた歴史的苦境を考えると、「白人の血が半分混じっている」とはいえ、オバマ大統領誕生の大きな意味があるのかもしれない。

   テレビのニュースを見ていると、すっかり老いた黒人指導者のジャクソン師がぐしゃぐしゃの顔をして涙ぐんでいる様子が映った。「はるけくも きつるものかは」という心境なんだろうなあと、感慨深くその様子を見守ったのだが、よく考えれば、オバマさんの父親は「アフリカから奴隷として連れてこられた黒人」の末裔ではなくて、ケニア出身のインテリであった。そこのところをぐっちゃにして「黒人初の大統領」という呼んでもいいのだろうか。

   そんな差異は、アメリカ合衆国における黒人の地位を考えれば、取るに足りないものなんだろうか。そこのところが、私には分からない。

   分からないこと、その2。最近の若い男性サラリーマン(だけではないけど、サラリーマンでさえ)ヘアスタイルがなんだか寝起きのようにぐしゃぐしゃになっている。昔ならばボサボサ頭と呼ばれたものである。もっとも、理髪店に行かないでそうなっているわけではなくて、理髪店、あるいは美容室で大枚はたいて、「おしゃれにぼさぼさな感じ」にしてもらっているのである。細身の着丈の短いスーツを着て、パンツも細身、そして靴がこれまた特徴的なのだが、虫歯菌やバイキンや悪魔がはいているような先っぽがとがって上向きにそっくり返っているような、みょうちきりんな靴なのである。しかもぴかぴかに磨き上げられているのではなくて、購入したときからおんぼろ感が漂っているシロモノである。

   不思議な流行ですな、ほんとに。女子の、細身のジーンズの上に薄い生地の腰巻を巻くという、理解に苦しむ流行はすでに見慣れて、これまた不思議なことにかわいいな、と思うようにさえなってしまっている。

   今朝、電車の中で目撃したのは、新たな女子のモード。長いブーツに短パン! 結構寒いんですよ、朝は。なのに短パンでっせ! もちろんちょっと味わいのあるタイツを下にはいていたりするのだが、どこの誰がこんな流行モノを思い付いたのか、そしてどういう理由でそれが若い女性の間に浸透してきたのか、興味深いものがある。

   その理由がもう一つ分からないことに、若い男子の「脱げかけズルズル・ジーンズ」がある。どちらさまも、多分駅の階段などで、仰天なさったことと思うが、あんたそのまま歩いているとズボン脱げちゃうよ、という格好の若い男性(時に女性も)に出会ったはずである。しかも、脱げかけジーンズの上から安物のパンツやトランクスがはみ出しているのである。ばかやろー、そんなかっこうするんだったら、もうすこし高めの上等なパンツはいていろ、と思うのだが、そこまで気が回らないのが彼らの特徴である。時にそこまでずるずるだとペンギンみたいで、歩きにくくないのかな、と思ってその後ろを付いて歩くことがある。観察していると、さすがに彼らも歩きにくいらしくて、時折両手でずりずりっとパンツをずりあげている(笑)。

   このズルズル・ジーンズの流儀はもちろんアメリカからである。アメリカ合衆国では、犯罪者が刑務所に収監される際には、ベルトを取り上げることになっている。凶器になるからね。そうなると、大きめのジーンズをはいている若者はほとんど脱げかかったジーンズで所内をうろつくことになったのである。刑期を終えて娑婆に出てきた後も、「務所帰り」の箔を、そのズルズル・ジーンズで誇示し続けたのが、いつのまにかモードになり、全世界に広まったのである。

     そのことを、日本の青少年は分かっているのだろうか?

|

« もっといろいろ付け足したいのでアイデア募集! | トップページ | 「理」でなく「情」をこそ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒人大統領からズルズル・ジーンズまで:

« もっといろいろ付け足したいのでアイデア募集! | トップページ | 「理」でなく「情」をこそ。 »