« 風呂で突然気がついた! | トップページ | 「チェ 28歳の革命」を観る »

2009年1月11日 (日)

USPGA2009年第一回目のラウンド

   1月10日、私が会長をつとめるUSPGA(とえらい偉そうな名称だが、実は「馬と鹿プレーイング・ゴルフ・アソシエーション」の略)の2009年第一回目のラウンドが東京五日市CCで行なわれる。前日に雪が舞い散ったというだけあって、早朝は真冬らしい寒さに見舞われたが、昼ごろにはかなり暖かくなる。メンバーはゲンちゃん、ジーコマ、とおるちゃんと精鋭が終結。平均年齢は63歳くらい、たぶん。じいちゃんが新年から集まって、股引はいてクラブをぶん回したのである。
  
   結果は私が45,43の88でトップ。2名より各1000円を巻き上げる。幸先のよいすべり出しである。はなはだ気分がよい。ゲンちゃんはスコアがまとまらず、終始不機嫌である。いつもは饒舌なのに、ラウンド後、みんなであんみつを食べているときも、ひとりお茶だけ飲んでいる。口数が少ない。面白くないのであろう、がはははは。
  
   ラウンド中はつねに、とにかく何でもいいから、くだらないことを全員で次々に口にするということを会の基本方針としている。ただし、あまりにセンスのない発言に対しては全員から冷たい視線が送られる。今ラウンド中に発された発言で、私が気に入っているものをひとつだけ。

「マンションを買い換えようと思っているんだけど、銀行のローンがなかなか組めない。担保がないので難しいらしい」

「うん、無担保ローンは難しいね」

「あのね、僕も近々ローンを組まなきゃいけないんだけどね、じつはねすごくいい湯たんぽ持ってるんだよね。この湯たんぽで500万円くらい誰かお金貸してくれないかな?」

   一同、「・・・・・・・・・・」。

|

« 風呂で突然気がついた! | トップページ | 「チェ 28歳の革命」を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USPGA2009年第一回目のラウンド:

« 風呂で突然気がついた! | トップページ | 「チェ 28歳の革命」を観る »