« 内田樹氏の「Googleとの和解」のテクストを読んで | トップページ | トラベラー・バッグ・ガールズ »

2009年4月21日 (火)

不肖・宮嶋、高円寺「沢」で嘆く

  
    高円寺駅のガード下にある「お好み焼き・沢」にて、不肖・宮嶋とお好み焼きを豪食する。といっても、往年のすさまじい分量はもうふたりともこなせなくなっているが。先日、丸ビルで宮嶋氏は講演会を行い、講演内容にふさわしくない多額の謝礼をもらったようなので、それでオレにお好み焼きをおごれ、という強要が昨晩実を結んだのであった。

  豚ペイ焼、鳥皮焼、にんにく焼(あ、だから、朝起きたら部屋の中が猛烈に臭いんだ!)、豚タマのお好み焼き、野菜炒め、焼うどん、牛タン焼、ねぎ焼くらいは思い出せるが、あと何を食べたかは酔っ払っていてよく思い出せない。飲めないのに、生ビールを2杯も飲んだし・・・・。ダイエットをしようしようと思っているのに、こんなじゃあ、とてもダメだ。

  酒席の話題は、老母の面倒をどうすればいいか、という20年前の二人には思いつきもしなかった話題である。つらくて厳しいテーマである。

  もうひとつの話題は、最近の若者はいかにアホか。不肖・宮嶋に憧れてアシスタント志望で若者が次々とやってくるらしいが、どいつもこいつも使い物にならん、という話を氏は延々と語る。「最近の若者は・・」と口にし始めたらすでにそのひとはおっさんであるが、すでにふたりとも立派な、押しも押されもせぬ、筋金いりの、オッサンである。

「きみ、僕のとこにアルバイトしに来たいのは分かったけど、将来は何がしたいの?」
「はあ、映画製作です」
「おお、映画か。そんじゃあ、『トラトラトラ』は観たか?」
「はあ? 『トラトラトラ』ですかあ?」
「おお、そうや、知っとうか?」
「いいえ」
「なにい、そんなことも知らんのか。そんじゃあ、真珠湾攻撃発令時の暗号は?」
「はあ? 何ですか、それは」
「真珠湾攻撃は知ってるよな」
「はあ、いいえ」
「なにい! そんなことも知らんのか! そんじゃあ、『トラトラトラ』というのは何だと思ってるんだ」
「掛け声じゃあないんですか。ワッショイワッショイ、みたいな・・・・」
「・・・・・・・・・・・」

  という凄まじい世代間格差というのか、ミリタリー・リテラシー格差というのか、そのようなものに遭遇し、不肖は言葉少なに、「もう、日本は終わりでっせ」と呟くのだった。

|

« 内田樹氏の「Googleとの和解」のテクストを読んで | トップページ | トラベラー・バッグ・ガールズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不肖・宮嶋、高円寺「沢」で嘆く:

« 内田樹氏の「Googleとの和解」のテクストを読んで | トップページ | トラベラー・バッグ・ガールズ »