« みなさん、ありがと。1万だ! | トップページ | 内田樹の再婚と、映画「レスラー」 »

2009年6月15日 (月)

母の口笛

    週末を利用して帰省。「離れ」の建て替えも完了したので、その様子を見がてらの帰省となった。でも一番の目的は、改築時に同時に作った花壇に花や木を植えること。

  造園の知識などなにもないので、本で色々と調べて、「香りがいいこと」「役に立つこと」の2点に絞って品種を選ぶことにした。

  結局植えたのは、オリーブ3本、ブルーベリー2本、ライラック、山椒、ラベンダー、ローズマリー、バジル、オレガノ。果たしていったい何本がこの南紀の地に根付くのか。オリーブなんかはぴったりだと思うんだけど。

  朝、新しいベッドで目覚めると、窓の外でいろいろな鳥がさえずっている。東京で生活しているときには、そんなことに全く気がつかなかったのだが、その鳥同士がコミュニケーションを取り合っていることに初めて気付いた。

  ピピピと一匹が鳴くと、それに呼応するようにピーピッピと別の一匹が鳴く。それがあちらこちらで繰り返される。ああ、こいつらは会話を楽しんでいるんだと分る。

  81歳の母は、夕方、ひとりゆっくりと、川端を散歩する。するとそれを待ちかねたように、うぐいすがやってきて、ホーホケキョと鳴くんだそうである。それに応えて口笛でホーホケキョと応えると、また相手も鳴き出す。

  そんな具合で、母は、朝な夕なに、口笛で鳥たちに語りかけている。一人住まいの寂寥と無聊に迫られてのことなのか、そのへんはよく分らないが、今朝もまた、母の口笛が田園に響く。

|

« みなさん、ありがと。1万だ! | トップページ | 内田樹の再婚と、映画「レスラー」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の口笛:

« みなさん、ありがと。1万だ! | トップページ | 内田樹の再婚と、映画「レスラー」 »