« 長崎ゴルフ旅行 | トップページ | おじさん化のメルクマール »

2009年7月26日 (日)

アメリカ住宅の玄関ドアはなぜ内開きなのか

  あづいっ! とてつもなく暑い。脳みそが煮えそうになるほど暑い一日を、八王子の山の中で過す。朝の早くからゴルフである。なんとかいいスコアを出そうと集中していられたのはスタートするまでで、いざ始まると、なんでこんな暑い日にこんなところでこんなことしているんだろうと、後悔の念が生じ始める。しかも、金払ってこんなことしてるんだもんな、馬鹿なんじゃなかろうか、と・・・・。

  強烈な日差しにじりじり焼かれながら、そういえば、アメリカの南部の暑さはこんなものではなかったなあと思い出した。十年近く前、真夏に、米国南部でゴルフをしたことがあった。その日は、摂氏に換算すると40度を越していて、湿度が30パーセントほどだった。日中、ゴルフ場には誰もいない。そんな猛暑の中でゴルフをするアホは誰もいなかった。そこへ、ゴルフをしたいばっかりのアホ日本人がカートに乗って出撃して行ったのである。

  米国南部の猛暑の苛烈さをただちに思い知った。カートを走らせると、当然ながら顔に風が当たる。暑いときに風が吹くと涼しく感じるものだが、摂氏40度を超えると事情は違う。熱い風呂に我慢して入っているときにかき混ぜると熱くて死にそうになるのと理屈は同じ。風が熱いのである。どんな風に熱いかというと、タンクロ-リー車くらいの巨大なヘアードライヤーでゴーっと熱風を当てられているような具合なのである。

  湿度がないから、皮膚がぱりぱりに乾いていく。人間の丸干しができそうな勢いである。特に唇がぱりんぱりんになって切れそうになる。グリセリンでも塗らないと粘膜がもたないのである。

  米国の、そんな暑さのことを思い出しているうちに、米国の住宅の玄関ドアがなぜ内開きなのかについて、実に納得できる理由を見出した。以下に記すのは、「なぜ米国の住宅の玄関ドアは内開きにならざるをえなかったのか」についての仮説である。以前、加治将一氏のエッセイを読んでいたら、「それは、FBIが足で玄関ドアを蹴破って中にはいるためである」というジョークが出てきたが、以下はジョークではない。あくまで仮説であるけれど。

  ちなみに書いておくと、日本の玄関ドアは一戸建てもマンションも基本は外開きである。推察するに、狭い住宅事情のため、内開きにすると玄関に脱ぎ捨ててある靴やブーツをなぎ倒してしまうからではなかろうか。  

    さて。18世紀、欧州から船に乗って移住してきた欧州人にとって、南部アメリカの猛暑はただごとではなかっただろう。猛暑は日中だけのことではない。夜になっても和らぐことはなく、締め切った室内では眠ることも簡単ではなかったに違いない。エアコンなんてあるわけないしね。

    アメリカ映画を観ていると、南部の農民が、玄関ドアを出てすぐのベランダみたいなところ(映画「グラン・トリノ」でイーストウッドが缶ビールを何本も飲んでいた場所)で、ベンチに腰掛けて夕涼みしているシーンがよく出てくるが、そうでもしないと耐えられなかったのだろうと思う。

    もちろん、いつまでも夕涼みをしているわけにいかないから、夜もふけると室内に入る。当然、めちゃめちゃに暑い。窓や玄関ドアを締め切っていてはとても耐えられるものではない。そこで窓を開け、玄関ドアも開けざるをえない。するとどうなるか? 無数の虫が室内に乱入してくることになる。ハエ、蚊、ごきぶりどころかバッタや蛾などがぶんぶんやってきただろう。なにしろ家のまわり中、畑か原野か湖沼なわけだから。

    これは堪らん、と網戸を取り付ける。窓に網戸を取り付ける。これは簡単な作業である。窓の外側に網戸を付ければいいだけである。問題は玄関ドア。網戸は室内側に付けるべきか、外側に付けるべきか。当然、外側である。室内側に付けると、網戸の向こうにあるドアを開けるたびに、網戸も短い時間だが開けざるを得ない。その瞬間、虫が闖入してくるのである。

    従って、玄関の網戸は外側に付ける。そうすると、玄関ドアは自ずと、内開きにせざるを得ない。なぜなら、外開きだと、網戸まで開けなくてはならなくなるからである。内開きならば、外気を入れたいときには玄関ドアを内側に開けて、ドアがばたんと閉まらないように何かをかませておけばそれで用は足りる。かくして、アメリカの玄関ドアは内開きが主流となったのである。エアコンがあまねく完備し、害虫駆除が徹底された現在でも、それは変わらない。

    そういえば、やはりアメリカ映画を観ていると、ちょっと貧しい南部の平屋の家を訪ねるシーンなどには、訪問者はまず、網戸を開けて、それから扉をコンコンとノックするシーンが出てくる。あるいは、網戸を開けると、すぐに室内で、玄関扉が開いているシーンもあったような気がする。

    彼らが枕元に保身用の銃を用意しておかなければならなかったのも、窓や玄関を開け放っておかなければ耐えられない気候があったからなのではなかろうか。普通の一戸建ての家の1階なのに、窓を開けたまま眠っているシーンにも出くわしたような気がする。ずいぶんと無用心なんだなあ、と思ったりしたものだった。

    以上はあくまで仮説。どなたか、真説をご存知であれば、是非、ご教示いただきたい。

  

|

« 長崎ゴルフ旅行 | トップページ | おじさん化のメルクマール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ住宅の玄関ドアはなぜ内開きなのか:

« 長崎ゴルフ旅行 | トップページ | おじさん化のメルクマール »