« 私の心は石ではないので | トップページ | 銀座のユニクロでジル・サンダーの新作を検分 »

2009年9月27日 (日)

庄野潤三氏の訃報に接して

  庄野潤三氏が亡くなった。若い頃、氏の小説が好きでよく読んでいた。身辺の日常を精緻に淡々と描きながらも、その小説世界には、いつしか時間や空間を超越して、人生の真理とでも呼ぶべきものを瞥見させてくれる瞬間が訪れる。その時に味わう酩酊感が何よりも好きだったのだ。

   庄野氏と同世代の小説家の作品もずいぶんと愛読した。小島信夫や安岡章太郎、三浦哲郎・・・・。そういえば、明治以来綿々と続く、いわゆる私小説というものも嫌いではなかった、というよりもかなり愛好していた。「私」という曲がりくねった細いトンネルを潜り抜けていくと、突然広くて明るい(時には真っ暗な)光景が目前に広がる。その転変がたまらなかったのだと思う。

   そんなわけだから、村上春樹氏の小説もデビュー当時のものを偏愛していて、最近の「物語モノガタリ」したものは全く受け付けられない。「風の歌を聴け」「1972年のピンボール」以降の長編は私にとっては何物でもない。特に好きなのは「中国行きのスロウ・ボート」などの初期の短編で、どうしてこういうものをもっと書かないのかととてもいぶかしく思う。(余談だが、最新作「1Q84」を私は「IQ84」と勘違いし、IQの低い少年の話だと思い込んで、ずいぶんとチャレンジングな小説に挑まれたものだ、と驚いた)

   というようなことを、もう何年も前に直接ご本人に面と向かって申し上げたことがあった。極めて不満そうな表情をされていたが、今となっては、世界的な作家に対して本当に失礼なことを申し上げたとは思うが、その気持ちは全く変わってはいない。

   だからなのか、このブログも時どき、とても「私小説」的な筆致になってしまうことがある。そのようなメンタリティが好きなのだから、仕方のないことなのだが、昨日、関川夏央氏の<「坂の上の雲」と日本人>を読んでいて、自分のそんな性向をちょっぴり反省した。

<日本の「純文学」は「私」というものが完全に主人公になったときに成立したと考えられます。だから自意識を主張しつつ作品化する、あるいは自意識の傷を鑑賞に値するものとして提出する、そのような過程をどうしてもどうしてもくぐり抜けなくてはならなかった・・・・・>(P93)

  もちろん、「鑑賞に値するものとして」の部分に感応したのである。「自意識の傷」を、それを読む人の「鑑賞に値するもの」として提出するにはそれなりの「芸」が必要になる。しかし、「芸」を演ずるには「自意識の傷」に溺れていてはかなわない。「自意識の傷」を客観的に俯瞰し、計量し、忖度する節度がなくては、「芸」など演ずることはできないからである。だが、「傷」を強く効果的に表出するには、「傷」の痛みの渦中にうずくまることが捷径なのである。

  このジレンマを乗り越えないと、「自意識の傷を鑑賞に値するものとして提出する」ことはあたわない。泥酔しながら覚醒していること。呻吟しながら平静でいること。(分りにくいかなあ)

  その確たる答えを得ることもなく、今宵もまた徒然なるままに、よしなきことを書き綴ってしまった。合掌。

|

« 私の心は石ではないので | トップページ | 銀座のユニクロでジル・サンダーの新作を検分 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ちょいとばかし、お元気になられた印象を受けました。良かった。うふふ。
村上春樹さんは、私小説の手法を止めてしまいましたけど、以降執拗に、おんなじ話を繰り返し物語ってますよね…。浅田彰さんが「貧乏臭くて嫌いだけど、あいつは腐っても、賞が欲しいと口には出さない」って云ってましたけど、今の村上さんは、ノーベル賞目指して活動されてますよね。口には出さず。
突然話は変わりますが、私も、これからどこでどーやって生きていきゃあいいのか、さっぱりわからないです。超孤独。でもある意味では、恵まれた女なんだろうなあと、日々有り難く思っております。
自分のメールアドレスについてですが、現在通っている大学で先天性疾患の子供達を診た時に、「色々ありすぎて凹むけど、まあ、この子らがご機嫌で笑ってくれてたらいいや~ほんとに。これからもずっとね」って思ってました。そんな由来です。

路傍さんのご子息にも、路傍さんのお人柄やユーモアや情が伝わるといいですね。

投稿: カナ | 2009年9月28日 (月) 13時40分

自分が書いたとは思えない先のコメント‥‥
先ほどふと思い出して読み返し、青くなりました。ひどいもんです。すみませんでした。
徹夜仕事が続いていて、お酒を引っ掛けて、寝ようとした直前にやらかした、この体たらく。恥ずかしい限りです。どんだけ大雑把でテキトーになってたんでしょう、私。緊張の解けた人間に強めのアルコール、は時に恐ろしい効果をもたらします。
路傍さん、許してください。二度と、酒飲んでコメしません。
ほんとに一番云いたかったのは、路傍さんの、

>「自意識の傷」を「鑑賞に値するもの」として提出するには「芸」が必要になる。しかし「芸」を演ずるには「自意識の傷」に溺れていてはかなわない。だが、「傷」を強く効果的に表出するには、「傷」の痛みの渦中にうずくまることが捷径なのである。このジレンマを乗り越えないと、「自意識の傷を鑑賞に値するものとして提出する」ことはあたわない。泥酔しながら覚醒していること。呻吟しながら平静でいること。

ってのを読んで、路傍さん、これからも面白いの書いてくれそうだなあ、って嬉しくなったんデス。
最近、お元気なさそうだったから、なおのこと。

このブログ、面白いです。何度も笑わせてもらいました。ご実家のお話なんかも叙情的で、好きでした。
文章のクオリティ高いです。

内田樹の結婚にがっかりしたのは私も同じです。ありゃねーよ‥‥(でも、大きな声では云えなかったです)

それから、今日最後のごめんなさい、です。息子さんのこと、軽々しく書いてしまったように思います。すみませんでした。家族の、すごく入り組んだ大変な問題だと思います。私も、もっと勉強しなくては。

とにかく、本当に今日は失礼しました。すみません。


投稿: カナです、ごめんなさい。 | 2009年9月29日 (火) 00時44分

カナさん、全然気にしていないので大丈夫ですよ。私も今、酔っ払ってます。お酒強くないのに、呑んじゃいました。そうでもしないと耐え切れないことが、人生には多々ありますから、仕方ないですよね。こんなときのBGMはコーヒーカラーの「人生に乾杯!」です。yuotubeで聞いてみてください。文章のこと、褒められて嬉しかったです。ありがとう。

投稿: カナさま 路傍より | 2009年9月29日 (火) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庄野潤三氏の訃報に接して:

« 私の心は石ではないので | トップページ | 銀座のユニクロでジル・サンダーの新作を検分 »