« デイブ・ブルーベックに酔う | トップページ | 「この先に失わねばならないものの大きさ」 »

2010年2月16日 (火)

過ぎたるは及ばざるが如し

  
    両脚の太ももの裏側に、びっちりとぶつぶつができた。裏側なので、つぶさに目視することはできないのだけれど、風呂に入る折に触ってみると、百箇所ほど蚊に刺されたようボコボコになっている。

  えらいこっちゃ! これはインキンタムシか、さもなくばカポシ肉腫か? と大いにびびった。どうしようか、皮膚科に行くべきだろうか。それとも内科に行くべきだろうか。

  この週末、いずれと決することもなく、困ったなあ、と思いながら三鷹市内を車でぐるぐると走り回っていて、はたと気がついた!

  シートヒーターのせいだ! と気がついたのである。イトウ・ゴルフガーデンで厳しい練習をしたのち、悲鳴を上げる腰のことを慮って、車のシートヒーターの目盛りを「最熱」にして、「血行がよくなってきっと腰にはいいに違いない」と思い込み、乗り回していたのである。

  いくらなんでも、これは熱すぎるのではなかろうか、というお尻および太ももからのSOSのメッセージも無視し、腰のためにはこのくらいの熱さは我慢しないと、と自分に言い聞かせ、辛抱していたのである。

  その結果が、太もも裏側のボコボコだったのである。いわゆる、低温やけどというものに違いない。風呂に入ると妙にむずがゆい。過ぎたるは及ばざるが如し、の見本のような話である。情けない。

|

« デイブ・ブルーベックに酔う | トップページ | 「この先に失わねばならないものの大きさ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎたるは及ばざるが如し:

« デイブ・ブルーベックに酔う | トップページ | 「この先に失わねばならないものの大きさ」 »