« アップルもアマゾンも余計なことをしてくれる | トップページ | 桜 »

2010年3月25日 (木)

毛が生えてきたような気がする

 
    毛が生えてきたような気がする。

  どこのって、頭の髪の毛である。鏡で観ると、黒い色につやが出てきたし、一本一本が少しだけ太くなり、少しだけかつての勢いが戻ってきたように思えなくもない。

  会社の同僚にそういう感想を述べると、うーん、と困った顔をし、「それは、ちょっと微妙な話ですねえ・・・」と言葉を濁す。

  いや、生えてきたと思うよ、オレは。

  昨年の年末のことだったと思う。三鷹駅のプラットフォームに設置された看板に、各種のハゲのイラストが描かれたものがあった。そして「AGA 検索」と文字が書かれている。そのときにとっさに分かったのである。

  これは、髪が生える薬が見つかったが、直接的にその効能を述べることができないのだろう、と。だからこうして間接的に秘めやかにアピールしているに違いない、と。

  そこで、会社に着くや、すぐさまAGAを検索してみた。それは萬有製薬のプロペシアという名の飲み薬であった。「男性型脱毛症」に効果のある薬だと説明がある。なんでも、壮年の男性のハゲのほとんどは、男性ホルモンの影響によるものだという。アガシもジダンもその手のハゲである。

    しかし、このプロペシアをのめば、頭髪を脱落させるエストロゲンという男性ホルモンを制御し、脱毛をおしとどめるようになるというのである。そもそもは前立腺肥大のために開発された薬だが、余得で頭髪再生にも効果をもたらしたらしいのである。

    副作用としてたまに精力減退をもたらすらしいのだが、まあ、それはいいや、と早速なじみのコハシ医院に行って、「先生、この薬の処方箋を下さい」とお願いしてみた。「え、この薬のむの? 高いよ。保険きかないから」「え、きかないんですか?」「うん、28錠でだいたい8000円くらいすると思うよ」

    背に腹はかえられん。毛に金もかえられん。

    清水の舞台からバンジージャンプをするつもりで購入した。1日1錠のんで、あっというまに1ヶ月が経ち、薬はなくなった。

    あんまり効果のほどは出現していない。しかし、ここでやめたら男がすたると思い再度処方箋をもらいに行こうかと考えたが、でも8000円は高いよなあと思い留まり、ふと、ジェネリックがあるのではないかと調べたところ、ありました! インド製で100錠3000円! 

    うーーん、インド製か。のむといきなり死んじゃうかもしれないなあ、と思いつつも、まあ、どうせいつかは死ぬのだし、8000円払うのはもったいないし、とけち臭いことを考えて、個人輸入で薬をゲット。

    薬は思っていたよりちゃんとしたパッケージに入っていたし、見たところ薬の様でもあるので、ええい、ままよと服用を始めてすでに3ヶ月、生えてきてるんですよ、髪が。ちょっと勢いづいてきてるんですよ、これが。

    これからどうなるか、大いに楽しみ。一年後にはロンゲになってたりして。

|

« アップルもアマゾンも余計なことをしてくれる | トップページ | 桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛が生えてきたような気がする:

« アップルもアマゾンも余計なことをしてくれる | トップページ | 桜 »