« 昼間っから酔っぱらいだあ | トップページ | Sさんの墓参りに »

2010年5月30日 (日)

結婚なんてのは勢いに任せてやるもの

   
    金曜日の夕食は、またしてもベージュ東京で。調理場で料理をつまみながら、CHATEAU CLIMENSのワインを試飲するという贅沢である。おまけに、シャトーの女当主による説明つき。

    飲んだのはバルザックの第1級格付け、シャトー・クリマンの1976年、04年、05年、06年。締めはシャトー・ドーザック マルゴーの05年。がははは。甘口貴腐ワインにすっかりいい気分になり、夜も更けているのに麻布十番の「チクワ」へ。

    さっさと帰ればいいのにここでシャンパンをダラダラいただく。電話で親友を呼びつけて、遅くまで無駄話を続ける。家に帰りついたのは1時45分。風呂に入る余裕もなく、顔だけ洗って2時就寝。

    その2時間半後の4時半に起床。ゴルフである。馬鹿じゃないかと思われる向きもあるかもしれないが、もちろん正真正銘の馬鹿である。眠くて朦朧としている。5時半に迎えに来たゲンちゃんの車に乗り込み、いざ、千葉へ。目指すはグレートアイランド!

    アクアラインで行くはずが、ゲンちゃんが道を間違えて延々、迂回路を行く羽目に。いつもならアホバカスカタンと罵倒をし倒す性格だが、なにしろ朦朧としているので黙って目を瞑っている。

    スコアはまあまあで、風呂に入り、生ビールを一気飲みして帰路へ。恵比寿で会社の同僚の披露宴があり、そこで乾杯の発声をせねばならないので、大急ぎで車を飛ばしてもらう(ゲンちゃんが運転)。酔っ払っているので当然車中ではバクスイ。

    夕刻、恵比寿のロビンズクラブに。乾杯の発声の番が回ってくるが、新郎新婦の魂胆は分っている。こいつに喋らせたらロクなことはない、「カンパーイ」とだけ言わせておこう、という陰謀である。

    確かに私のこれまでの、人の披露宴での乱暴狼藉(下記参照)を考えると新郎新婦がそう考えるのもむべなるかな、というものではあるが・・・・。

    http://kingkingko.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_083a.html

    http://kingkingko.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_3d20.html

    しかし、この日は朦朧&ヘベレケ、おまけに新郎46歳が若い新婦の放縦の耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んでいることがひしひしと痛いほど分ったので、できるだけ大人しくふるまう。

    分ったことは、結婚式なんてのは、無分別な若い頃に、勢いに任せてやるべきもので、いい歳して執り行うのは痛い、ということなのだった。

  

|

« 昼間っから酔っぱらいだあ | トップページ | Sさんの墓参りに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚なんてのは勢いに任せてやるもの:

« 昼間っから酔っぱらいだあ | トップページ | Sさんの墓参りに »