« 鳩山由紀夫元総理の「国民の皆さま」主義 | トップページ | 台湾なう »

2010年6月25日 (金)

同窓会へ

      先週の土曜日は、和歌山へ。高校時代の同窓会が、白浜の「Aコース」という不思議な名前の民宿で開かれるというので、羽田から飛行機に乗って南紀白浜へ。

   悪天候のため、着陸が1時間半ほど遅れ、同窓会会場にたどり着くと、参加者約60名ほどはもういい気分ではしゃいでいる。民宿に泊り込みの同窓会というワイルドな試みで、なかにはすでに温泉に入って浴衣姿でヘベレケになっているものもいる。

   わいわい盛り上がっている集団の中へ、遅れてシラフで入り込むというのは、どうにも居心地が悪いので、急いでビールをあおる。

      座敷にあぐらをかいて、あらためて周りを眺め回すと、全員が60歳手前のおじいちゃん、おばあちゃんのはずなのに、なまじ高校時代の面影を記憶しているものだから、それがオーバーラップして正確な年齢を看取できない。

      しかも、畳の上で、高校時代のような体育座りをし、当時の口調でがなりあっている(和歌山県の人は声が大きいのだ)のを見ると、「妙に老けた高校生」のように思えなくもないから不思議である。

      6月という名な季節に、同窓会を行うことになったのにはワケがあった。それまでひとりで幹事を勤めてくれていたS君が昨年のこの時期に急逝してしまったのである。S君を偲び、一夕、盃を傾けようという趣旨なのである。

      ひとりづつ、近況を喋らされる。みんなの話を聞きながら、「ああ、遠くまで来ちゃったんだなあ」としみじみする。

「今回の同窓会を逃すと、もうでられないかも知れないので、万難を排してやってきました」
「冥土の土産にと思ってやってきました」
「夫はもう年金生活です。細々とした暮らしをしてます。お金を工面してやってきました」
「おばあちゃんの介護を夫に任せて来ました。今は3人の子供、7人の孫がいます」

   それぞれの話を聞きながら、いてもたってもいられないような複雑な気持ちになった。うまく説明できないのだが「もう、取り返しのつかないことをしてしまった」というような感慨なのである。

     美しかったマドンナはいまでも美しいがおばあちゃんである。運動神経が抜群だった剣道部のK君はふつうのおっさんである。「資本論」が座右の書だったM君はすっかりはげちゃって、県の要職にいる。

     ヘベレケで談笑するわれわれの頭の上には、大きな雲のように「死」が覆いかぶさっていた。

     同じ時期にこの世に誕生し、10代のある時期を紀南の太陽を浴びながら共に過ごした仲間は、その後、それぞれの場所で別々の人生を送り、40年たって今、また紀南の民宿の畳の上で笑いながら一緒の時間を過ごしている。

     でもまた、すぐに別々の場所に戻っていき、それぞれがそれぞれの場所で老い、土に帰っていくのだ。そのことを考えると、いてもたってもいられない、切なく痛ましい気持ちになった。

     夜、タクシーを呼び、一足先に帰路につくことにした。玄関を出て夜空を見上げると、曇っているのか、星はひとつも見えなかった。

|

« 鳩山由紀夫元総理の「国民の皆さま」主義 | トップページ | 台湾なう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会へ:

« 鳩山由紀夫元総理の「国民の皆さま」主義 | トップページ | 台湾なう »