« 長野県松本市に行ったなら | トップページ | 後退戦を戦う »

2010年8月24日 (火)

麻布十番祭りで仰天

  
    先週末の夜、クルマで麻布十番を通りかかったら、お祭りらしくて、とんでもない人ごみが歩道に溢れかえっていた。地下鉄の出口から次々に出てくる若い男女。浴衣姿あり、頭にミッキーの耳をつけている女子がおり、短パンでほぼ半裸状態がおり・・・・。

  そんな人々が横断歩道の信号前に群れ、信号が青になるや一斉に道路を渡り始める。地下鉄出口から次々に人が溢れでてくるもんだから、信号が赤になっても、当然渡り続けようとする。それを必死の形相で押しとどめる整理員。警察だけではなく機動隊まで出動、ほとんど戒厳令下である。

  道路は当然大渋滞。これは大変なことになっているなあ、と慌てて麻布十番から遠ざかろうとしたそのとき、私のクルマの横をバイクがすり抜けていった。あっ、と思って見ると、後部座席にヘルメットをかぶった女子。その姿を見て、私は文字通り仰天した。

  バイクの運転手である彼氏の腰にしっかり腕をまわす20代の彼女はかわいい浴衣姿なのだが、大股開きでバイクに跨っているのである。

  私は我が目を疑った。まさか、そんな不作法なことがあるわけがない、と。きっと浴衣の下に短パンでも履いているに違いない、と。そう思って目を凝らしてみるが、全くもってそんなことはないのだった。白い太ももをあらわに、ブイーンと走り去っていくのだった。

  自分もつくづく歳をとったな、とその時痛感したのだが、その光景を目の当たりにして頭に浮かんだ言葉は「この先、日本はいったいどうなるのだろうか」ということだった。彼女もそのうちに人の母になるだろう。こんな母親に育てられた子供はいったいどうなってしまうのだろうか、と。

  同じようなことは、通勤電車の座席に座って黙々とあんぱんを食らっている女子や、一心不乱に化粧をしている女性を目撃したときにも思った。彼女が母になったときに子供をどう躾けるのだろうかと。

  思えば自分が子供の頃、「そういうことは人前でするべきではない」というマナーは数多く親から教えられた。今でも覚えていることもあれば、もう忘れていることもある。「人前で金の話をするな」「あくびをするときは手で口をかくせ」「たくあんやかまぼこを食べるときは、歯型が残らないように、二口で噛み切れ」「ごはんをお替わりするときには両手で茶碗を出せ。受け取るときも両手で受け取れ」などなど。

  http://kingkingko.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/index.htm

  そんなことどもの多くはもはや次世代に手渡されないのだろうな、と思う。こうした些細なことはもちろん規則ではない。法律でもない。違反したからといって咎め立てされるものでもない。しかし、こうしたキメの細かい「マナー」が我々の日常生活を覆っているからこそ、我々の日常生活は円滑に気持ちよくまわっていくのである。

  ときどき電車の中でバカでかい声(中国語)で、平然と携帯電話で通話している外国人に出くわすことがあるが、そのとき、我々はつくづく困惑する。そうして、我々を網の目のように取り囲んでいるマナーのありがたさを痛感するのである。

  共同で暮らす生活空間の不快をより軽減しようとするところにマナーはある。車中の化粧女性や、あんぱんパクパク女子にとって、自分以外の人間はおそらくは「共同で社会生活を営む他者」ではなく、もはや「風景」なのかもしれない。

  彼女たちの座席の前に座る他人や、大股広げてバイクの後部座席に跨る女性の目に映る他人は、もう「人」ではなく「風景」だからこそ、「他人の目」などは一向に気にならないのではないか。

  言ってみれば天上天下唯我独尊、ほとんど「没我」の境地だから、自分以外の人間は目に入らないのではないか。もしそうならば、名前も知らぬ他人がもはや人ではないならば、この先、我々の社会生活ははなはだ不快なものに成り果てていくに違いない、というようなことを日曜日の夜、クルマを運転しながら考えていたのだった。

  話はうって変わるが、しばらく前に「ツイッターなんてやってるのは馬鹿だけである」という話を書いた。

    http://kingkingko.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-1df7.html

  その舌の根も乾かぬうちに、なんですが、ときどきツイッターやっちゃってます。いったい何が面白いのかを探るためにやり始めたのですが、残念ながらいまだ分からないでいます。

  なんというか、夜空に向けて鉄砲を撃っているような虚しさです。

  それもそのはず、もう半年以上になるのに、フォローしてくれている人は0人。ボロクソに言ったツケなのかもしれませんが、一応書いておきます。「robounoiji」の名称で吐息を漏らしているので、ご用とお急ぎでないかたは・・・・。

|

« 長野県松本市に行ったなら | トップページ | 後退戦を戦う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻布十番祭りで仰天:

« 長野県松本市に行ったなら | トップページ | 後退戦を戦う »