« 2010年11月28日、ある冬の一日 | トップページ | 真鍋昌平は、ただ者ではない »

2010年11月29日 (月)

横木安良夫氏から手作り写真集が届く

 
    写真家の横木安良夫さんから、手作り感溢れる写真集が送られてきた。これが素晴らしい。

  写真集のタイトルは「GLANCE OF LENS」。まあ、あえて訳せば「レンズで一瞥」かな。その第二号が送られてきたのだ。

  一号目は、ウラジオストックの街中の風景と人々様子。手持ちカメラでパチリ、パチリと目の前の光景を、横木安良夫という写真家が切り取っていく。なんということはない光景なのに、見つめていると、その街の匂いや騒音が聞こえてくるような,臨場感に包まれて、酔っ払ったような心持ちにさせられる。

  いいのだ。とてもいいのだ。この写真を見ていると、ああ、写真っていいもんだなあ、としみじみしてくる。しかも、やっぱり紙に印刷されていないとだめなのだ。この手触り、この匂い。この質感。電子書籍では絶対に表現できないだろう。

  第二号は「Girls in Motion」というタイトルのポートレート写真のシリーズから構成されている。大昔に撮られた、若かりし日の安珠も登場。つらつらと眺めていると、少女たちの背後に広がる、都会の「殺風景」に目が行く。

  そうか、横木安良夫は少女に照準を合わせるふりをしながら、誰にも気付かれないように「我らの殺伐とした日常」を切り取ろうとしていたのかもしれないな。

  この写真集、残念ながら非売品の模様。

|

« 2010年11月28日、ある冬の一日 | トップページ | 真鍋昌平は、ただ者ではない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横木安良夫氏から手作り写真集が届く:

« 2010年11月28日、ある冬の一日 | トップページ | 真鍋昌平は、ただ者ではない »