« もうこの世は終わりだと思った9歳の頃 | トップページ | 国分拓「ヤノマミ」の大宅賞受賞を喜ぶ »

2011年3月26日 (土)

石原慎太郎さんも藤波心さんも

 

  福島の原発事故は一向に解決に向かわない。
  
    それどころか、じわりじわりと、もっとも悲劇的な結末に向けて転がっているような気がする。時の経過がいずれ真相を教えてくれるだろう。年内には、関係者への網羅的な取材を敢行した秀逸なノンフィクションが現れてくれることを期待したい。
  
    3月14日、石原慎太郎・東京都知事は、蓮舫節電啓発担当相から節電への協力要請を受けて、「我欲に縛られ政治もポピュリズムでやっている。それが一気に押し流されて、この津波をうまく利用して、我欲を一回洗い落とす必要がある」と語っている。今回のカタストロフは「天罰だと思う」とも言っている。
  
    この石原発言が原発事故のことを受けたものかどうか定かではないが、なるほど我々の「我欲」が今回の悲劇を招いたと言えなくはないなと思う。
  
    思い起こせば、1945年の敗戦以降ずっと、我々がやってきたことは「我欲」のあくなき拡大・肥大であった。「もっと、もっと」の連続であった。駅のプラットフォームへのエスカレーターまで設置してしまうほどの「快適への偏執」であった。
  
    もう、これで結構。これで充分。この範囲内で生活をよりよくする方向を目指しましょう、などとは誰も言い出さなかったのである。
  
    そりゃ、原子力発電所でも作らなければ肥大する欲望の需要に応じられないだろう。いかに肥大していたかは、寒いオフィスや、暗くて運転しにくい高速道路ですぐわかる。
  
    戦中を生き延びてきた石原慎太郎は、そんな現代人の「放埓な欲望」を苦々しく思っていたに違いない。「この際、しっかり我欲を洗い流せ」とは、そのような意味合いの言葉ではないのか。
  
    内田樹氏は、自身のブログで、こう書いている。

<今度の震災と原発事故は、私たちが忘れていたこの列島の「本質的な危うさ」を露呈した。
だから、私はこれは近代史で三度目の、「日本人が賢くふるまうようになる機会」ではないかと思っている。
私たちは地球物理学的にも、地政学的にも、つねに一歩誤れば国を失うような危険のうちで生きている。
そのことを念頭に置いて社会システムを制度設計していれば、「こんなこと」は起こらなかった。
「こんなこと」が起きたのは、そのことをすっかり忘れていたからである。
だから、日本人はこれで「眼を覚ます」だろうと私は思っている。
私たちにとってもっともたいせつなものが何かを思い出すだろう。思い出さねばならない。
それは国土の保全と民生の安定である。
自余のことはそれに比べれば論じるに足りない。>(2011年3月24日)
  
    内田氏もまた、石原氏とは違う言い方で「眼を覚ませ!」と、珍しく熱く訴えている。そして続けて、こう書いている。

<(1) すべての原発の即時停止と廃炉と代替エネルギー開発のための国家的プロジェクトの始動
(2) 「できるだけエネルギーを使わないライフスタイル」への国民的シフト
(3) 首都機能の全国への分散
(4) 首都圏に集中している人口の全国への分散
とりあえず、これからだろう。>
  
    一方、アイドルの藤波心さんはご自分のオフィシャル・ブログで、

<今の原子力に頼らない電力の生活に

社会全体のシステムを変えればいいのです。

変えれますよ。

電力を絞れば、変わらざる得なくなる・・・。

初めは不便でも、やがて人間はそれに順応していく。

そんなことで、経済が落ち込んだりしても、

生活水準が下がっても、全然OK!!

原子力の事故で世の中がごちゃごちゃになるより

はるかに、リーズナブルで経済的。(*゚ー゚*)>(2011年3月23日)

  と書いている。このブログのURLは下の通り。

http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html

  是非、読んでみて欲しい。とても中学2年生のアイドルの女の子とは思えない。まさかゴースト・ライターがいるわけではないですよね。おもわずそう思ってしまうほど、その思考の確かさにドギモを抜かれる。

  心さんは最後にこんなことも書いている。

<私には、福島原発の煙が、不謹慎かもれませんが、
そんなパンドラの箱を開けてしまった私たちを死滅させる
巨大なバルサンか、ゴキジェットに見えます…。>

  アイドルから爺さんまで、みんな同じようなことを考えている。

|

« もうこの世は終わりだと思った9歳の頃 | トップページ | 国分拓「ヤノマミ」の大宅賞受賞を喜ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も石原氏の発言に、我或いは我らに長いこと在り続けた「我欲」を見た思いがしました。この震災で、自分自身というものについて問い、そして考えています。

投稿: アキコ・ハミング | 2011年3月27日 (日) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎さんも藤波心さんも:

« もうこの世は終わりだと思った9歳の頃 | トップページ | 国分拓「ヤノマミ」の大宅賞受賞を喜ぶ »