« 後藤正治「清冽 詩人茨木のり子の肖像」を読み終えて | トップページ | パラダイスへの扉は地獄の中にある »

2011年3月16日 (水)

 放射能を待ちながら

 
  この非常事態時に、毎晩、銀座の雑居ビルのクラブで夜遅くまで酒をかっくらっている輩がいたら、私は心から尊敬したい。地震? 放射能? なにいってやんでい、と両切りタバコをプカプカ吸っているオヤジがいたら、私は心底畏敬したいと思う。

 そのくらい、自分自身は萎縮していることが分かる。もちろん日常の業務はきちんとこなし、できるだけ平静でいるように努力しているけれど、体のどこか深いところでアラートが鳴っている感じなのである。

  自分自身の生命体としての感度が上がり、「今、ここにいるのは危険である。ただちに退避せよ」と本能が命じている。しかし、理性はその本能を抑えつけようとしている。そのせめぎ合いの中で、心身ともにぐったりと疲労しているのが分かる。

  会社の入り口は、放射能の侵入を防ぐためだろうと思われるが、オートドアが封鎖され、脇の小さなドアから出入りすることになった。入り口に立つ守衛さんはみんなマスクをするようになった。まあ、どう考えても気休めにしか見えないが・・・。

  出社している社員の数は少ないし、昼休み、付近を歩いている人の数が少ない。しかも、顔が暗い。まあ、明るくなる理由がないから、暗くなるのも当然なのだが。仕事で付き合いのある会社の多くは社員を自宅待機させている。

  原発付近に住む、小さな子供を抱える親や、妊婦は気が気でないだろう。一刻も早く「疎開」したいに違いない。いてもたってもいられない、その気持を想像するとやりきれない気持にさせられる。

  今回の震災と原発事故による日本経済の落ち込みは尋常なものではないだろう。いくつかの会社はつぶれるだろうし、農業・漁業の従事者の無産化もすすむだろう。そんな事態は決して起きては欲しくないが、もし「東京」を放棄しなくてはならない事態が到来したら、国力はまず、半減するに違いない。もう一回、1945年からやり直しだ。

  まあ、そうなったらそうなったで、きっと楽しいこともあるだろうけれど・・・・・。

  これまでずっと、SNSと称する「ソーシャル・ネットワーク・サービス」というものをうさん臭いものだと思ってきた。ビジネスの現場で、金儲けの手段として語られることが多かったからでもあるが、個人情報と引き換えに、たわいもない由無しことを発信し続ける有象無象がはなはだ多かったせいでもある。いったい、この方々は正気なんだろうか、と思い続けてきたのである。

  しかし、この度のカタストロフの中で、SNSが、市場原理の桎梏をはずれて、生き生きと、活発に活用されている様を見て、その考えを改めないわけにはいかなくなった。エジプトを始めとする中東各国の「民主化革命」はSNSが後押しをしたという意見を聞いて、さもありなんと思うようになった。

「情報」がネットワークを通じて融通無碍に流通するという「最終兵器」的機能だけではなく、一番強く感じるのは、何よりも瞬時に、持続的に、地域に縛られずに「連帯」を醸し出すことにおいては、この右に出るメディアは存在しないからである。

 昨夜、台湾の友人から、「台湾に住む人々からの、日本へのメッセージ」が詰まったyoutubeを教えられた。深夜、ベッドの中で、このメッセージを聞きながら、「youtubeの力」とでも言うべきものをまざまざと知らされた。そのURLを下に貼っておく。

  http://www.youtube.com/watch?v=eKduLvFwGGw

|

« 後藤正治「清冽 詩人茨木のり子の肖像」を読み終えて | トップページ | パラダイスへの扉は地獄の中にある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  放射能を待ちながら:

« 後藤正治「清冽 詩人茨木のり子の肖像」を読み終えて | トップページ | パラダイスへの扉は地獄の中にある »