« 蒸し暑い夜に | トップページ | なぜ、演歌が好きなのか »

2011年7月24日 (日)

先見の明?

 
    内田洋子さんの「ジーノの家」(文藝春秋)が日本エッセイスト・クラブ賞を受賞したと思ったら、続けて講談社エッセイ賞まで受賞。W受賞である。
 
    この本については、刊行されてすぐに読み、今年の2月11日に、このブログで絶賛したのだが、その本が見事に賞を得ることになるとは、実に気分がいい。ひとごとながら、嬉しいもんである。
 
    思えば、国分拓氏の「ヤノマミ」(NHK出版)も昨年の4月5日のこのブログで特記。勢いで、Amazonのレビューまで書いてしまったのだが、この作品もその後、大宅賞を受賞。まことにもって、気分がいい。

|

« 蒸し暑い夜に | トップページ | なぜ、演歌が好きなのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先見の明?:

« 蒸し暑い夜に | トップページ | なぜ、演歌が好きなのか »