« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

目から水晶体が落ちる

 
    無事、手術は終了しました。終わったのは1時間ほど前ですが、もうPCの前に座っています。眼帯はしていません。目がゴロゴロします。なんとなく痛いような、だるいような感覚があります。

    手術をしたのは左目だけですが、左の後頭部やこめかみにドーンとした軽い痛みがあります。

    記憶が鮮やかなうちに記録を。

    1時半に来いと言われたので、時刻通りに東京歯科大学水道橋病院へ。眼科の手術なのに「歯科大学」というところが、何ともいえず不安でならないけど、眼内レンズ挿入手術の第一人者がここにいるというのだから仕方ない。

    ベンチで待つことしばし。名前を呼ばれて手術室に入ると、手術着に着替えるように言われる。薄い黄緑色のガウン状のものを羽織、薄い水色のヘアキャップをかぶらされる。

    水色のサンダルを履いて歩を進めると、そこには同じような格好をした先客が4人。いい年をしたじいいちゃん、ばあちゃんがヘアキャップをかぶって神妙な顔つきで座っている。蛍光灯の明かりがやけに明るい。リノリウムも明るい色で、とても人工的な空間にいる感じがする。

    体温と血圧を測り、そののち4種類の目薬を3回さす。瞳孔を拡大させる薬もあって、今でも瞳孔が開きっぱなしで、とても物が見ずらい。どちらの目を手術するのですか、と聞かれたので左と答えると、左の眉毛の上に目印を貼られる。

    約1時間ほどベンチの控室で待つ。絞首刑の順番を待っている囚人もこんな感じだろうなあ、と思う。右向けと言われたら素直に右を向くし、立てと言われたら従順に立ち上がる。完全に無抵抗な気分。もう、どうにでもして頂戴、という気分になってくる。

    ついに、順番が! 「はい、手術室に入ってください」と言われて、おお、入ったろやないか、と急に関西人になる。ドーンと胸を張り、どっからでもかかってこい、という気分で歯医者の椅子のようなものに座ると、背もたれがぐーんと後ろに倒れて、完全に水平状態。「どっからでもかかってこんかい!」感が急にしぼむ。コエーヨー。

    先生が機械的に、手術用の布を体にかけ、顔にも布らしきものかけ、左目の周りのなんだかセロテープの親玉のようなものを貼ったように思う。何しろ見えないのだからしようがない。先生が機械的なのも当然で、一日に20人ほどの手術をこなすらしい。

    とおもうと、金属のような物(見えていない)で目が瞬きをしないように無理矢理に開いて固定をされる。液体(水なのか薬なのかよくわからい)をシャーシャーと景気よくかけられる。

    左腕には血圧計を、右手の人差し指には脈拍を測るための器具を取り付けられる。

    と思うまもなく手術開始。針状の物で、目玉をぐりぐりされている感覚しかない。水晶体を砕いて吸い出す作業である。

    その間瞬きすることもできず、ずっと頭上のライトを見つめる。瞳孔が開いているからまぶしくてしかたがない。我慢して、ずっとそのライトを見続ける。目玉の中をいじくられていることがわかる。

    視界がシュールである。これまで見たこともない光景が抽象画のように眼前に広がる。明るい3つのライトがぐにゅぐにゅ歪む。「どうですか?」と聞かれたので「とても視界がシュールです」と答えると、「え?」という反応。「シュール」という単語が適切ではなかったのかもしれない。

   そばにいた男性医師が「そうですね、シュールですね」とフォローしてくれる.

  「あー、ちょっとまずいなあ。癒着してる。昔怪我したことありますか?」
  「いえ、ないですけど・・」
   と答えつつ、中学生の頃、野球部で思いっきりボールをぶつけたことがあったような気がしてきた。
  「先生、癒着は後嚢にしているんですか?」
  「いえ、前嚢の上の部分に癒着してるんです。でももうすぐとれますから、ちょっと待ってね」
   グリグリグリ。

  「すこし押される感じがするけど、我慢してね」
   グリグリグリ。

   と、多分、水晶体が全摘されたのだと思う。視野がゆがみ、少し暗くなる。このまま放置されれば、左目は完全にアウトになる。

  「さ、これからレンズを入れますから、もう少し頑張ってね」
   グリグリ。3ミリほどの穴からアクリルのレンズを折りたたんで、力ずくで挿入。位置を落ち着かせる。

  「はい、終わりましたよ」

   手術時間は約10分。今から1時間半前に終わった。今どきの眼科手術はそういうものなのか、眼帯はない。しかし、左目はますますボヤーとしてきて今は何にも見えない。多焦点レンズは同心円状に溝がついている。近くを見る用の部分と、遠くを見る用の部分が交互に同心円状になっているのだが、その同心円状のハーローが見えている。

   術後は遠くがよく見えていたが、今は近くも遠くもぼんやりだ。

   明日になるともうすこし見えるようになるのか? それともこのままなのか。そうだとしたら、手術しないほうがよかったってことになるぞ。

  以上、多焦点眼内レンズ挿入記のお粗末。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

明日の今頃、僕は。

    明日の今頃、僕はサイボーグになっているはずである。

    生まれてこのかた、なんと59年と6カ月の間、左目のレンズの役目を果たしてくれていた水晶体とお別れしなくてはならないことになった。そして、生身のレンズである水晶体を取り除いた場所に、アクリルでできた人工の水晶体を挿入するのである。

    別離の理由は、白内障。水晶体に白濁が生じ、物の見え方がはなはだ芳しくなくなってしまったからである。明るい空を見上げたときなどはひどくまぶしいし、普段でも、脂で曇ったレンズ越しに物を見ているような感じなのである。

    そんなわけで、生身の水晶体とはお別れしなくてはならない。長い間、本当に長い間一緒に、いろんな場所に出かけたし、いろんな物を見つめてきた(美しいものも醜いものもあったけど)のに、明日でお別れかと思うと、一抹の淋しさが襲ってくる。

    この世に生れ落ちてから今日まで、本当にありがとうございました。お世話になりました、という気持ちになってしまう。

    身体髪膚之を父母に受く、敢えて毀損せざるは孝の始めなり、と孔子さまは教えてくれたけれど、万止むを得ずのことなので、親不孝にもならないだろう。

    ちなみに詳細を書いておくと、挿入する眼内レンズは、「多焦点眼内レンズ」というもので(保険がきかないので高い!)、手術が成功すれば、眼前30センチのところから、250ヤード先のゴルフボールまで、ばっちりピントが来るらしい。もちろん、老眼で悩まされることはない。

    手術をしてくださるビッセン宮島弘子先生に初めて診察していただいたときに、「どのくらい遠くが見えるようになりたいの?」と聞かれて、「はい、250ヤード先のゴルフボールがくっきりと見えるように」と応えたら、「え、そんなに飛ぶの?」とニンマリと返された。すみません、見栄をはってました。230ヤードがいっぱいいっぱいです・・・。

    とまれ、この手術によって、生まれたばかりの赤ちゃんの目のような清澄さで世界を目撃することができるようになるのである。楽しみである。

    最後に、この手術がどのようなものか、皆様にお教えしておこう。下記のyoutubeでどうぞ。でも、気の弱い人は見ないでね。

    http://www.youtube.com/watch?v=PJpvmU5z9v0

    これを見るたびに、こんなことをしていいんだろうか、という思いにとらわれてしまう。

    もちろん、手術が不成功に終れば失明する。その可能性はゼロではない。

    ウィキペディアを貼り付けてみると、

<現在、切開法としては角膜を切る角膜切開法や、強膜から角膜までトンネル状に切り進む強角膜切開法が主流であり、術後も縫合は行わない、いわゆる無縫合手術で行われることが多い。

    近年の医療技術の発達に伴い、白濁した水晶体の核を超音波で乳化破砕して吸引除去し、皮質の処理を行った上で、温存しておいた水晶体嚢(水晶体を包んでいる袋)に眼内レンズを挿入する。今日では眼内レンズは折りたたんだり、眼内レンズを挿入するためのインジェクターを使用する方法が開発され、切開創の幅も3mm以下で行うことが可能となった。

    また水晶体嚢を温存できなかったり水晶体嚢を支えているチン小帯(筋肉の繊維)が弱く、水晶体嚢を利用できない場合は、眼内レンズを縫い付けるまたは、前房内に挿入する場合もある。また手術の実時間も10~40分で終わり(症状が進行してからの手術の場合、水晶体が固くなり過ぎて超音波で砕くのに時間がかかり、手術時間が延びる場合がある)、いわゆる「日帰り手術」が可能となり、患者への負担が飛躍的に軽減した。

    手術後の副作用として、手術後数ヶ月から数年後に、水晶体後嚢が濁る後発白内障が出れば、レーザーで簡単に除去出来る。後発白内障は従来は30%程度起こっていたが、最近は眼内レンズや手術法の改良で、頻度は1~10%程度に減った。

    眼科手術の中でも安全性の高い手術とはいえ、もちろん、100%安全な手術というものは存在せず、下記に揚げる合併症にいたる例があり、不幸にして失明に至るケースも存在する。

    一般的な白内障手術の術中・術後の合併症として、次のようなものが報告されているという。

・緑内障 (0.2~2.5%)
・後嚢破損 (1%)
・駆逐性出血 (0.55%)
・水晶体落下 (0.1%)
・眼内炎 (0.06%)
・その他(網膜剥離、術後高眼圧、嚢胞性黄斑浮腫、視力低下、眼内レンズ偏移、水疱性角膜症、麻酔薬によるアレルギーやショックなど)

    術中駆逐性出血や術後眼内炎が発生した場合は失明の可能性がある。また、アトピー性皮膚炎の患者の場合は後嚢や毛様体小帯が弱い傾向にあり、後嚢破損や水晶体落下の危険性がやや上がるという。

    手術を行わない場合は、最終的には失明に至り、発展途上国においては失明原因の第1位である。>

    ちょっとだけだけど、コエーヨー。

  もう一週間後には、右目もだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

「もしドラ」じゃなくて、「もしスラ」のほうが

●高校野球のマネジャーに必要なのは、ドラッカーじゃなくて、スラッガーではなかろうか?

●道端で「ハンスト」をしている人がいた。俺はやっぱ、ハンストよりも「パンスト」の方がいいと思う。パンティ・ストライキ。いったいどんなストライキかはよく分かんないけど。

●ギリシャへの融資問題について、ドイツのメルケル首相が、フィンランドのカタイネン首相と共同会見している記事が新聞に出ていた。カタイネン首相、柔軟な考え方をする人だろうか? 頭カタイネン。関西人かって。

ちょっと、疲れていてスマヌ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

北京にて

    3泊4日の北京出張から金曜日に帰ったところ。記憶が鮮やかなうちに北京の印象記を書いておきたい。
 
    異国の空港に降り立つと、必ずその国固有の匂いがする。欧米の空港は、なんとなくバター臭いような匂い。タイやベトナムは、なんだか知らないがものすごい香料の匂いがする。すぐにUターンしたくなるような強烈な匂いである。
 
    北京はかすかに香辛料と思われる匂いがする。東京でもパリでもニューヨークでも、本格的中華料理店に入るとこの匂いがする。いったい何の匂いなんだろう。
 
    北京空港はでかい。めったやたらにでかい。こんなに大きな建物にしなくったっていいんじゃないの、というくらいでかい。ガリバーの国に迷い込んだ東洋人のような気分である。
 
    で、空港の外に出てびっくりしたのが、空気が汚い、ということ。臭いのである。なんとなく揮発性の匂いがする。とてもじゃないが、こんな空気を深呼吸したら体が悪くなるだろうというような汚れっぷりである。
 
    この空の下に長らく住んでいる住人にはもう、この匂いは分らなくなってしまっているだろうが、突然やってきた外国人にはよく分る。現地の人の説明では、北京は海から遠く内陸部あって風が吹き抜けないために、クルマの排気ガスが滞留してこうなるのだという。「鼻毛の伸び方がすごいです」とも言う。

   到着した翌日も、うんざりするような暑さの晴天。晴天ではあるのだが、空気が汚れているために視界がはなはだ悪い。頭上の太陽を直視できるほどである。この視界の悪さは日本ではついぞお目にかからない。

   その汚染ぶりを説明するとこんな感じである。学校の運動場にある、乾燥した細かい砂が入った砂場を想像していただきたい。その砂場が1キロ四方ぐらいの大きさで、そこにゴジラのような巨人が入り込んで、大きなざるで砂をすくっては空に投げ上げている様子を思い浮かべていただきたい。細かい砂がまわりに立ち込める。
 
    そんな砂場が1万個くらいあって、1万人のゴジラ人間が、やらなくてもいいのに、砂を空に投げ上げている。そんな感じなのである。もうたまりまへんわ。おかげでクルマは真っ白に汚れている。洗車してもすぐに汚れてしまうからか、きれいな車は少ない。
  
    ざーっとにわか雨でも降れば、ずいぶんと視界はすっきりするだろうなと思ったのだが、実際、その日の夜に雨が降り、翌日はずいぶんと空気がきれいになった。視界も、いくらかは遠くまで見えるようになった。
  
    北京で次にド肝を抜かれたのが北京市民のみなさんのクルマの運転ぶり。最初に見たときには正気の沙汰ではない、と思った。10年ほど前に、ベトナムはホーチミンの路上で、乗ったタクシーが、イナゴの大群のように押し寄せてくる自転車やバイクの群れに向かってすこしづつすこしづつハンドルを切って右折するときにも正気の沙汰ではないと思ったが、今回はその上を行く。
  
    まず、日本では「歩行者優先」のマナーが浸透している。たとえば、道路を左折する際に、横断歩道を歩行者が歩いていたら、彼らを優先し、わたり終えるまでクルマは待っている。北京では違いまっせ。その歩行者の群れの中へクルマは突っ込んでいく。「おらおらおらー、どけどけどけー。オレのクルマが行くぞー」という感じ。
  
    もう全くクルマ優先である。日本でこんなことをしたら、歩行者に睨まれるか怒鳴られるだけだけど、北京の歩行者は違う。歩行者はおずおずと身を引き、クルマを優先させるのである。
 
    はしなくも路上で露呈してしまっているのは、「弱肉強食」の論理である。「強い者」がまず優先される社会なのである。「弱者には何もやるな」という社会なのである。
  
    だから、日本では常識のようになっている身体障害者や盲人のための諸施策(段差のない歩道や盲人用の路上のデコボコなど)は全く無い。ひょっとしたらどこかにあるのかもしれないが、少なくとも今回の滞在中にはお目にかかることはなかった。
 
    おそらくは、この交通事情の只中に車椅子でのこのこやって来たらすぐに事故に会うだろう。
 
   北京の路上で真に驚いたことは実はこんなことではない。まるでカートレースでもしているようなクルマの走りっぷりには身の毛がよだった。車間に少しでも隙間があれば横の車線からクルマが割り込んでくる。オラオラオラーと首を突っ込んでくる。

    割り込まれるほうが、「もう、しょうがないなあ」と少し身を引けば緊張は和らぐのだが、ところがどっこい。割り込まれるほうも、「そうは行くかい。オラオラオラー、入れへんぞう! あほんだら」(なぜか北京には関西弁がよく似合うなあ)と強引にスピードを上げる。

    と、当然ぶつかりそうになるから、割り込まれるほうは横の車線に逃げる。と、その車線を走っていた車が驚いて(ブレーキを踏めばいいのに踏まないから)もうひとつ横の車線に逃げるので、道路は大変危険な無秩序に陥る。
 
    とにかくみんな、「オレが先、オレが一番」だからたまったものではない。謙譲の精神とか、譲り合いとか、「合流は交互にマナーを守って」なんていうものは北京には全く無い。恐ろしいほど無い。

    先に弱肉強食と書いたが、路上で一番強いのは、政府高官のクルマである。本当の高官のクルマは、道路を封鎖して無渋滞状態にして疾駆するから別格として、ちょっとだけ高官なクルマとか、その高官をボディガードする公安のクルマ(ナンバープレートが普通車は「京」で始まっているが、その手のクルマは「W」で始まっているので見ればすぐわかる)は、もう我が物顔である。

    一般車は、面倒なことに巻き込まれたくないので、Wナンバーのクルマには近づかないし、無茶をしない。で、これがアウディのQ7だったりして、トルクを利かせてグイングイン疾走していく。

    階級社会というならこれほど確固たる階級社会はないだろう。弱肉強食というなら、これほどそのことが実践され、しかも、そのことに疑問を抱かないばかりか、諦めきっている社会もないのではないかと思わせられた。

    中国は確かに経済的に成長して、世界でも有数の経済大国となった。立派なビルが次々と建ち並び、何車線もある道路を外車が狂ったように走り回っている。大金持ちも次々に誕生している。しかし、そのことと、世界中の人々から尊敬されたり憧れられたりすることとはまた別である。

    少なくとも私はこの国に住みたいとも思わないし、憧れることもない。中国が世界中の人々から愛され、尊敬されるようになるには、まだまだ長い歳月が必要だろうなあと痛切に実感した。
 
    さて、閑話休題。
 
    私の職場でのあだ名は「謎の中国人」。略して「ナゾ中」。自分では自覚していないのだが、周りの人から見るとそのように見えるらしい。まあ、日本人離れしているわけである。

    北京で出会う中国人の方々にそのことをお尋ねしてみた。

    3泊4日しかしないのに、2晩も行ってしまったカラオケ屋(新美恵CLUB)では、完全に中国人として受け止められた。
 
    著名な映画製作関係者には「東北人の伝統的な顔をしている」と言われた。
 
    ある政府関係者には「政府高官の息子で、香港でビジネスに成功した金持ちのようなオーラがある」とくすぐったいような感想をいただいた。
 
    つまり、みなさん、中国人顔であると、認定してくれたわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »