« 明日の今頃、僕は。 | トップページ | 多焦点眼内レンズ挿入記 »

2011年9月26日 (月)

目から水晶体が落ちる

 
    無事、手術は終了しました。終わったのは1時間ほど前ですが、もうPCの前に座っています。眼帯はしていません。目がゴロゴロします。なんとなく痛いような、だるいような感覚があります。

    手術をしたのは左目だけですが、左の後頭部やこめかみにドーンとした軽い痛みがあります。

    記憶が鮮やかなうちに記録を。

    1時半に来いと言われたので、時刻通りに東京歯科大学水道橋病院へ。眼科の手術なのに「歯科大学」というところが、何ともいえず不安でならないけど、眼内レンズ挿入手術の第一人者がここにいるというのだから仕方ない。

    ベンチで待つことしばし。名前を呼ばれて手術室に入ると、手術着に着替えるように言われる。薄い黄緑色のガウン状のものを羽織、薄い水色のヘアキャップをかぶらされる。

    水色のサンダルを履いて歩を進めると、そこには同じような格好をした先客が4人。いい年をしたじいいちゃん、ばあちゃんがヘアキャップをかぶって神妙な顔つきで座っている。蛍光灯の明かりがやけに明るい。リノリウムも明るい色で、とても人工的な空間にいる感じがする。

    体温と血圧を測り、そののち4種類の目薬を3回さす。瞳孔を拡大させる薬もあって、今でも瞳孔が開きっぱなしで、とても物が見ずらい。どちらの目を手術するのですか、と聞かれたので左と答えると、左の眉毛の上に目印を貼られる。

    約1時間ほどベンチの控室で待つ。絞首刑の順番を待っている囚人もこんな感じだろうなあ、と思う。右向けと言われたら素直に右を向くし、立てと言われたら従順に立ち上がる。完全に無抵抗な気分。もう、どうにでもして頂戴、という気分になってくる。

    ついに、順番が! 「はい、手術室に入ってください」と言われて、おお、入ったろやないか、と急に関西人になる。ドーンと胸を張り、どっからでもかかってこい、という気分で歯医者の椅子のようなものに座ると、背もたれがぐーんと後ろに倒れて、完全に水平状態。「どっからでもかかってこんかい!」感が急にしぼむ。コエーヨー。

    先生が機械的に、手術用の布を体にかけ、顔にも布らしきものかけ、左目の周りのなんだかセロテープの親玉のようなものを貼ったように思う。何しろ見えないのだからしようがない。先生が機械的なのも当然で、一日に20人ほどの手術をこなすらしい。

    とおもうと、金属のような物(見えていない)で目が瞬きをしないように無理矢理に開いて固定をされる。液体(水なのか薬なのかよくわからい)をシャーシャーと景気よくかけられる。

    左腕には血圧計を、右手の人差し指には脈拍を測るための器具を取り付けられる。

    と思うまもなく手術開始。針状の物で、目玉をぐりぐりされている感覚しかない。水晶体を砕いて吸い出す作業である。

    その間瞬きすることもできず、ずっと頭上のライトを見つめる。瞳孔が開いているからまぶしくてしかたがない。我慢して、ずっとそのライトを見続ける。目玉の中をいじくられていることがわかる。

    視界がシュールである。これまで見たこともない光景が抽象画のように眼前に広がる。明るい3つのライトがぐにゅぐにゅ歪む。「どうですか?」と聞かれたので「とても視界がシュールです」と答えると、「え?」という反応。「シュール」という単語が適切ではなかったのかもしれない。

   そばにいた男性医師が「そうですね、シュールですね」とフォローしてくれる.

  「あー、ちょっとまずいなあ。癒着してる。昔怪我したことありますか?」
  「いえ、ないですけど・・」
   と答えつつ、中学生の頃、野球部で思いっきりボールをぶつけたことがあったような気がしてきた。
  「先生、癒着は後嚢にしているんですか?」
  「いえ、前嚢の上の部分に癒着してるんです。でももうすぐとれますから、ちょっと待ってね」
   グリグリグリ。

  「すこし押される感じがするけど、我慢してね」
   グリグリグリ。

   と、多分、水晶体が全摘されたのだと思う。視野がゆがみ、少し暗くなる。このまま放置されれば、左目は完全にアウトになる。

  「さ、これからレンズを入れますから、もう少し頑張ってね」
   グリグリ。3ミリほどの穴からアクリルのレンズを折りたたんで、力ずくで挿入。位置を落ち着かせる。

  「はい、終わりましたよ」

   手術時間は約10分。今から1時間半前に終わった。今どきの眼科手術はそういうものなのか、眼帯はない。しかし、左目はますますボヤーとしてきて今は何にも見えない。多焦点レンズは同心円状に溝がついている。近くを見る用の部分と、遠くを見る用の部分が交互に同心円状になっているのだが、その同心円状のハーローが見えている。

   術後は遠くがよく見えていたが、今は近くも遠くもぼんやりだ。

   明日になるともうすこし見えるようになるのか? それともこのままなのか。そうだとしたら、手術しないほうがよかったってことになるぞ。

  以上、多焦点眼内レンズ挿入記のお粗末。

|

« 明日の今頃、僕は。 | トップページ | 多焦点眼内レンズ挿入記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

摘出した水晶体、もらってきましたか?

投稿: 石神 | 2011年9月27日 (火) 00時31分

んなもん、貰えるわけないじゃん。煮魚の目玉のとろっとしたところみたいなもんだよ。たぶん。

投稿: 石神さま 路傍より | 2011年9月27日 (火) 11時13分

そうですかあ……。
残念です。
実物を見てみたかった。
僕は、いぼ痔を切った時、見せてもらいました。

投稿: 石神 | 2011年9月28日 (水) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目から水晶体が落ちる:

« 明日の今頃、僕は。 | トップページ | 多焦点眼内レンズ挿入記 »