« 多焦点眼内レンズ挿入記 | トップページ | チェンマイ素描 »

2011年10月23日 (日)

その後の目の調子

  本当は10月に右目も手術をする予定だったのだが、左目の具合が芳しくないので手術を延期に。

  当たり前の話だけど、「生身の水晶体」と「アクリルのレンズ」は大いに違う。サイボーグはなかなかうまく働かないね。

  眼内レンズ挿入手術は、白内障が進行して、数メートル先がぼんやりして見えなくなってから行なっても遅くないかも。その不自由に比較すれば、アクリルレンズの不具合など何ほどのこともないだろうから。

  現在の不具合は、日によって目の調子が違うということ。くっきり見える日もあれば、白くぼんやりかすんでいる日もある。

  数日前から、手術をしたほうの目がゴワゴワとかさつくようになってしまった。病院に行くとドライアイだとのこと。どうして手術したほうの目だけがそうなるのか。術後にさしつづけている目薬3種類のせいなのだろうか?

  なんにせよ、常に目を意識しながら生活をするというのは本当に煩わしい。金曜日の夜からチェンマイなんだけど、大丈夫かね?

|

« 多焦点眼内レンズ挿入記 | トップページ | チェンマイ素描 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その後の目の調子:

« 多焦点眼内レンズ挿入記 | トップページ | チェンマイ素描 »