« チェンマイ素描 | トップページ | 笑っちゃうほど、分からない »

2011年11月27日 (日)

だめだろ、こんなタイトルじゃ

    スティーヴン・ソダーバーグの新作「コンテイジョン」を観た。

    いやあ、よくできた映画である。面白い!怖い! 観終わったら、かならず手を洗ってうがいをしたくなること請け合いである。

    しかし、今回は映画の話ではなくて邦題の話。

    なんなの、この「コンテイジョン」というタイトルは。原題は「CONTAGION」だから、そのままカタカナにしただけ。無茶苦茶である。せっかくのすごい映画なのに、この題名では、「観に来なくていいから」と言っているに等しいではないか。

    配給会社の方々は、根底から、もういちど、映画の邦題を考え直したほうがいいのではないか。WBから原題を尊重せよという指示があったのかどうか知らないが、「コンテイジョン」という題名からは、どういう映画なのかまったく想像することもできない。

    ここはきちんと邦題をつけて欲しかった。たとえば「感染」。あるいは「接触感染」。これだけで十分に怖い。「致死的接触」でもいいし、なんならストレートに「ウイルス」でもいい。

   「コンテイジョン」では韓国料理の映画かと思っちゃうのではないか。

   もう一点、指摘しておきたい。日本で、2007年に翻訳が出たノンフィクション「史上最悪のウイルス」(文藝春秋)の中身に、この映画はとてもよく似ている。このノンフィクションはSARSの蔓延について、カール・タロウ・グリーンフェルドという香港在住のジャーナリストが書いたもの。

    しかし、映画のエンドロールを目をさらにして見つめても、この本のことは一行もでてこない。いったいどうなってるんだろうか?

    帰りに「紙うさぎロペ」のDVD、第二弾を購入。家に帰って寝る前に見たが、だめだ。第一弾のような抜けた馬鹿ばかしさがない。シナリオが弱い。もう一度初心に返って、やけっぱちで破天荒な脚本を書くべきである。

|

« チェンマイ素描 | トップページ | 笑っちゃうほど、分からない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だめだろ、こんなタイトルじゃ:

« チェンマイ素描 | トップページ | 笑っちゃうほど、分からない »