« 思えば遠くまで来たもんだ | トップページ | 成島柳北と永井荷風 »

2012年1月18日 (水)

橋下徹氏の「負けたらあかん」

 
    話題の大阪市長、橋下徹氏の本「体制維新  大阪都」(文春新書)を読む。

  面白い。痛快である。これだけ言いたいことをずけずけ言う人に近頃会ったことがないので、思わず笑った。

  北風と太陽、という比喩がある。人を説得するのに、強圧的に力づくで説き伏せるか、はたまた、温順に丁寧に説明して、その気にさせるか、の二通りがあるというわけである。

  その伝でいけば、橋下氏は北風派。それも鼻や耳が引きちぎれそうなほどビュービューと吹きすさぶ突風である。

  通読してすぐに分かるのは、氏の生きる姿勢が「喧嘩腰」というか、尋常ならざる「ファイティング・スピリット」で覆われている、という事実である。

  本の中に頻出するのが「競争」という言葉。いちいち実例を挙げないが、簡単に言うと、世界にはさまざまな競争があり、ぼやぼやしてると負けちゃうやんけ、いや、それどころか、大阪はもう、ボロ負けやんけ、という切迫感がみなぎっている。

  ぱっとページをめくったら、すぐに「競争」という言葉が目に入ってきた。たとえば、こういう一文である。

<・・・都市の実態に合わせて考えるという視点が重要であり、それは世界を視野に入れる場合も同じです。僕はいつも「二百六十万人規模の大阪市では世界の都市間競争で通用しません」というのですが、大阪都構想に反対の学者さんは「ヨーロッパの都市を見てください。百万人くらいの規模で十分に都市経営をしているところはありますよ」と反論してきます。>(P198)

  橋下氏には、学力だろうが都市間競争だろうが、権力闘争だろうが、およそ争いと名のつくものは、「負けたらあかん」という哲学が身に沁みついているのである。

  勝者がいれば、当然ながら敗者がいる。1位がいれば、ブービーメーカーがいる。誰かが上位に上れば、誰かが順位を落とす。つまり、世界は、誰かがいい気分になれば、誰かが悲哀をなめる仕組みになっている。

  だから、人によっては、「いいじゃないの、ビリで。誰かがビリにならなきゃいけないんだったら、私たちがビリになってあげようよ」という温和で生ぬるい敗北主義を口にしたりするが、橋下氏はそんなものは、きっと許せないものなのだろう(実は私も絶対に許せない人間なのだが・・・・)。

  しかし、橋下氏はこのような「喧嘩腰」をどこで身につけるに至ったのだろうか。理不尽に差別され続けた出自の問題もあるだろう。関東人には全く想像を絶するような強烈な差別意識が、関西にはまだ黒々と横たわっている。

  物心ついたころから世間と戦い、大阪の進学校に進んで、そこでラグビーの全国大会に出場し、早稲田の政経にもぐりこんだ後に、弁護士試験を獲得してみせる。簡単にトレースしただけでも、どれほどの「競争空間」を生き延びてきたかがよく分かる。

「喧嘩腰」でないと、ここまでやってこれなかったに違いない。

  我々の世界は、国内を見ても国外も見ても、もはやにっちもさっちも行かなくなりつつある。にもかかわらず、それを打開する有効な手立ては見つからないばかりでなく、当たり障りのない言説が飛び交うばかりなのである。

  その窮状に、いきなり鼻っぱしの強いとっちゃん坊やが出現したから、じつは私は楽しくてしようがないのである。ハシズムとしてみんなに叩かれる。独裁者になる、と恐れられたりもする。マスコミもこぞってバッシングである。

   しかし、橋下氏はめげることがない。めげないどころか、ますますファイティング・スピリットは高まるばかりのように見える。面白いじゃないか。がんがんやってみてほしい。このスタイルがどこまで続くのか、見守りたいと思う。

  願わくは、ケネディのような末路に終わらぬことを祈りたい。

  

|

« 思えば遠くまで来たもんだ | トップページ | 成島柳北と永井荷風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹氏の「負けたらあかん」:

« 思えば遠くまで来たもんだ | トップページ | 成島柳北と永井荷風 »