ファッション・アクセサリ

2009年10月 2日 (金)

銀座のユニクロでジル・サンダーの新作を検分

  
    昨日の夕方、銀座のユニクロに出かけた。あの、ジル・サンダーが手がけた秋冬物のお披露目会があったからである。もとの銀座ユニクロのビルは全館が女性用に。そのすぐ隣のビルが男性専用にと様変わりしている。

  両館を回遊して、ジルの手になるユニクロ製品「+J」をくまなく見てみたのだが、感想は「うーーむ」である。今回の商品を見て、あらためてジル・サンダーの魅力とはなんだったのかがよくわかってしまった、というのが屈折した結論なのである。

  ユニクロの特設フロアに並んだジル・サンダーの低価格の洋服を眺めながら、彼女の洋服の魅力の大半は、その形や色といったデザイン的部分もさることながら、一番は「素材」だったのだなあと思い知らされたのである。

    どこでどうやって手に入れてきたんだろうというような上質なカシミヤやウール、ため息のでるようなニット素材などがジルの真骨頂だったのである。それを身につけることでオーラのように発光し始める「上質感」は、当然のことながら、ユニクロ製品にはない。どんなに素晴らしいカッティングをしても、繊細なシルエットを描いても、凡庸な素材では話にならないのである。

    ユニクロ価格では、使用できる素材に限りがある。それどころか、ユニクロ製品内で見比べても、同価格帯を比較すれば、ジル製品には彼女へのギャラ(多分、かなりなものだと思うけど)が上乗せされている分、劣っているような気がしないでもない。
    逆に言えば、名もないデザイナーを起用したユニクロ製品の方が、かえって素材がいいのではなかろうか。

  そんなわけで、結局ジル製品はなんにも買わなかった。多分、同様の感想を持つ人は少なくないだろうから、こんなことを予想して申し訳ないけれど、「+J」はそんなに売れないのではなかろうか。そうなると、ただちにユニクロ内部でも今後どうするかについて議論が重ねられることになるだろう。

  あの完璧主義者のジル・サンダーが今回のユニクロ製品に、素材面を考えただけでも、素直にOKを出したとは思いがたい。おそらくはうんざりするほどタフな激論が交わされただろうと想像する。きっと、従来の製品作りに慣れ親しんだユニクロ・スタッフは心から面食らったに違いない。その末に生み出された製品がさして売れないとなると、今後についてはスタッフは懐疑的にならざるを得ないだろう。

  ジル・サンダーの盛名は、我々の世代(柳内さんもその中に含む)には響くけれど、ユニクロのヘビーユーザーには大して「霊験」はないのではなかろうか。むしろ、ジルの名前に惹かれて初めてユニクロの敷居を跨ぐ人が増加する、という点にこそそのメリットはあるのではないか。となると、今後の方策としては次の2つしかない。

  ひとつは、ジルの名に恥じない、もっと高品質の製品を作ること。価格は現在の3倍にする。その代わり、素材をもっと上質なものにする。さもなければ、すっぱり止める。ふたつにひとつだろうと、外野席で眺めながらそう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

トラベラー・バッグ・ガールズ

  

  最近、気がついた。ひょっとすると、気づくのがかなり遅いのかもしれない。

  若い女性が、小さくてかわいいトラベラー・バッグ(底にキャスターが付いていて、取っ手が、孫悟空の如意棒みたいにぐいーんと伸びるバッグのこと)をコロコロ引きずって歩いているのである。

  最初は、地方から東京見物に来た女の子がホテルに向かっているのかな、と思っていたのだが、どうも様子がおかしい。だって真昼間に、麹町をコロコロさせている子がいるかと思えば、午前中に三鷹のバス通りをコロコロ引きずっている子がいる。

  ひょっとして、新手の風俗嬢なんだろうか、とも考えたが、それにしては妙におしゃれである。となると職のないニートさんで、インターネットカフェで寝泊りしてるのかな、ブリトニーとかいう女性漫画家みたいに、とも思うが意外に清潔そうである。

  いろいろ思案した結果、私的には、「これは、若い女性の最近のファッションであろう」という結論に達した。しかし、ファッションだとするとはなはだ面倒なファッションではないか。
 
    一時期、頭の悪そうな青年が、子供の頃に乗った「足こぎ二輪車」(なんと呼ぶのか知らないが、きっと英語のおしゃれな呼び名があるに違いない)みたいなものを大事そうに抱きかかえて電車に乗り込んできたことがあった。電車から降りると、それに片足を乗せて、ホームをすいすい転がって行った。

    落ちろ! 線路に落ちろ! 馬鹿は電車に轢かれてしまえ、と強く念じたが、祈念むなしく若者はすいすいと先に進み、見えなくなってしまった。最近ではあの「足こぎ二輪車」もすっかり見なくなったが、あれも随分と不便なファッションだったなあ、と思う。

    というわけで、このトラベラーバッグのはやりも早晩廃れることになるだろう。しかし、おじさんは知りたいのだ。あのバッグの中に何が入っているのだろうか。一体全体、どこがおしゃれだと思って、あんなものを引きずっているのだろうか。

    世のトラベラー・バッグ・ガールズよ、教えてくれないか。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

ジル・サンダー、ユニクロを手がける

  昨夜、フォーシズンズ椿山荘で行われた、ユニクロの懇親会に出かける。いったい何事なんだろう、と思って会場に足を踏み入れると、そこには柳井会長と、デザイナーのジル・サンダーさんの姿があった。

   なんと、ジル・サンダーさんがユニクロ商品のデザインを手がけることになったんだという。こりゃまた、凄い話である。

  今はもうブランドを売り払ってしまったので、「ジル・サンダー」は彼女の名前を冠してはいるけれど、もはや彼女のブランドではない。彼女が自身でデザインしていた頃の「ジル・サンダー」は上質で上品で、かつ高価な洋服であった。

  私も何着かスーツを持っていたが、最高の素材に最高の着心地で、それはもう素晴らしいものだったのだが、その彼女がユニクロという「大衆商品」のデザインにチャレンジするのである。いったいどういうものが出来上がるのか、大いに愉しみである。

  発売されたら、すぐに買いに行こうと思う。ジルはこんなメッセージを残している。

<ファッションの世界に再び関わるようになる機会はこれまでにも何度もありました。しかし完璧主義な私は、その都度慎重にならざるを得ませんでした。今回のユニクロからのオファーには大変驚きましたが、私が新しいスタートを切る良い機会になるものと思いました。私が探していたのは、斬新でゼロからのスタートができる場です。私の才能や経験のすべてが必要とされる場を探していたのです。(・・・・・)

  私がこれまでずっとこだわってきたのは、クオリティとピュアネス。こうした私がこだわってきた価値観を新しい世界で服として具現化することを楽しみにしています。シンプルかつパーフェクトで誇りを高められるようなスタイル、具体的にはベーシックで体にフィットし、知性が感じられるようなファッションを提案したいと思っています。>

  楽しみである。これでますます、ユニクロの一人勝ち路線は強化されるだろう。昨今は「いかに自分には知性がないか」を誇示するファッションが隆盛を極めているから、そこにどのようにして一石が投じられるのかが、大いに興味のわくところである。

  帰りに、市ヶ谷の「ちたや」によって「味噌煮込みうどん、しめじ入り」を食べてから、総武線に乗る。中吊り広告に「2016年 東京オリンピック招致」のワイド広告が貼ってあったが、その文章の何たる悪文。コピーしてこなかったからここに紹介できないが、この程度のオツムでオリンピックを招致するんならば、そうしないほうが国益にかなうのでないかと思う。

  今朝、クルマの中でNHKの「ラジオ・ビタミン」を聴く。ゲストとして宮嶋茂樹氏が出ていて驚く。で、不肖・宮嶋が何を思ったか、「曲のリクエストは?」と聞かれて、「旧ソ連邦の国歌」のレコードを持参し、それをかけさせていたのに驚愕する。午前中のNHKでそんなものを流したのは宮嶋を嚆矢とするであろう。

  村上信夫アナウンサーに「不肖、というのは誰がつけたんですか?」と聞かれた不肖・宮嶋、「ああ、それは20年前に・・・」と答えていたが、そうか、もう20年にもなるのかと感慨ひとしお。名づけたのは私であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

Pで「大人のおもちゃ」を売っている!?

  

    ライターの森綾さんと、青山の「鰻割烹 伊豆榮」という、鰻屋さんで会食をする。このお店には、ストレートに「伊豆榮」とは名乗りにくい、いわく言い難い事情があるようなのだが、いわく言い難い話なのでここではパス。

  森さんには、しばらく前に、例のアンテプリマの「お尻バッグ」のプロモーションをお願いし、ご自身のブログで紹介していただいたり、GREEにて映像を開陳していただいたりしたので、そのお礼にお食事でも、ということになったのである。森さんも私も関西人なので、最初から関西人テンションで話ははずむ。

「あんた、なにゆうてんねん、あほちゃうか、ガハハハハ」
  

    の連続である。周囲のお客さんはさぞかしうるさかったに違いない。と、そこに、森さんの友人の、Yさんが乱入。Yさんも関西出身で、森さんの2倍はテンションが高い女性なので、あたりの関西気圧は50ヘクトパスカルくらい上昇。いけいけどんどんと話題はヒートアップ。しかし、いわく言い難い話ばかりなのでちょっと書くことがためらわれる。

  が、ためらってばかりだと、話がつまらないだろうから、すこしご披露しておきたい。ただ、以下に記すのはあくまで伝聞である。私がこの目でしかと確認したわけではない。Yさんが語るYさんの体験談であることを最初にお断りしておきたい。

  イタリアの有名な、聞けば誰でも知っているラグジュアリー・ブランドPにまつわる話である。

  そのPの銀座店の地階にはアイデンティファイカードを利用しないと入れない、VIPルームが用意されているらしい。赤い絨毯が敷き詰められ、立派なソファが用意されていて、初めて足を踏み入れるといささか緊張してしまうらしい。その壁面は高価そうな書棚になっていて、おしゃれな洋書などが展示されているのだが、その壁面を押すと、ぐるりと回転して奥の秘密の部屋が現れる仕掛けになっている。

「そこにな、あんねん、SMのグッズが。目隠しとか、手を縛るやつとか。そいで、そこに大人のおもちゃもあって、そう、女性用のローターみたいなやつ、その根元の方にPのブランド名がついてて、その3点がセットになってるねん。ほかにもいろいろSMグッズがあったでえ。鞭とかな。値段? そんな高ないで、3万とか4万とかちゃうかな。その3点セットがきれいなペンシルケースみたいもんに入ってんねん」

  Pで「大人のおもちゃ」が販売されている!?

   もちろん、一般に売り出しているわけではなく、ごく少数のVIP顧客に対して行っているのだろうから、噂にもならない。マスコミにも流れない。ごくごく少数の、その手のご趣味をお持ちの方がたの間で密かに話題になっている、というのである。森さんいわく、

「Pだけじゃなくて、フランスの有名なブランドDでも同様の商品を扱っているらしいよ」

  森さんの名誉のために言っておくと、これも伝聞である。森さんがその種のご趣味をお持ちであるとほのめかしたいわけではない。その話を引き取って、Yさんが、

「六本木ミッドタウンに入っている有名なセレクトショップRでも、大人のおもちゃ、売ってるよ。売り場に行ってよー見てみ、置いてあるから」

  まあ、わざわざ確認しに行く気はないが、そうであってもちっともおかしくないだろうなと思う。この夜に森さんがしきりに主張していた持論に、
「人は年収が3000万円を超えると、通常ではない性的趣味を持ち始める」
  という、どういう見聞、体験から導き出されたものなのか、ちょっとお聞きしにくいものがあったが、確かに欧州の超富裕層の間には必ずといっていいほど、退廃的で糜爛しきった性的趣味が瀰漫している。歴史的にもそうだし、文学や映画に接してもそのことはすぐに分かる。だから、PやDが性的なグッズを販売していたとしても驚くにはあたらない。

  というより、ラグジュアリー・ブランドの本質はそこにあるのだろうと思う。
    一般庶民には思いも付かないような「快楽」を、ごく少数の方がたに、それなりの「対価」でご提供申し上げることを、ラグジュアリー・ブランドはその使命としているからである。

   そのような文脈で考えれば、私めの「お尻バッグ」の存在の必然性も、皆様方にすんなり飲み込んでいただけるのではなかろうか。

    え? 飲み込めない?

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

「お尻バッグ」詳報

  えー、石川セリさんにばれちゃいました。このブログの存在が。ご本人が目にすることはなかろうと、たかをくくって、ばんばか書いていたのですが、本日、ご本人より、「読んだわよー、ブログ(5月28日分)。私はざっくばらんな人に見えたの?」というような主旨のメールを頂戴しました。うへー、すいませんでしゅ。また、コンサートに行きますから!!!

  また、昨日のアンテプリマの「お尻バッグ」についてお問い合わせがきたので、映像をお見せしちゃいます。下記のURLにアクセスしてください。そこで、6月26日の項をご覧ください。アンテプリマ六本木店の横手嬢が恥ずかしそうに肩から提げているのが、今話題沸騰の(?)、「お尻バッグ」です。

http://www.wirebag.jp/2008/06/

  でも正式名称は「T-BACKワイヤー」っていうんですね。私は、「T-BAG」というのが馬鹿馬鹿しくていいかな、と思っていたんですけどね。これを手始めに、じゃんじゃんデザインするぞー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

黒いTシャツと「お尻バッグ」

  酔っ払っているので、くだらないことを書く。

  実は、黒いTシャツについてである。このブログをお読みのあなたにも思い当たる節はあるかと思うが、洗濯した黒いTシャツを着ると、その表面についた白いホコリ状のゴミが、ひどく気にならないだろうか? 私はとても気になる。細かい、綿ぼこりのようなものが全表面に付着していて、ずいぶんと貧乏臭く感じるのである。

  黒いTシャツだけではない。黒いスエードや別珍やコールテンなどはぜーんぶ、白いほこりが目立ってならぬ。しかも、手で払ってもちっとも取れない。ばかりか静電気がおきてなお強く付着したりする。気にし始めると、もう我慢できないほど気になる。

  アートディレクターの井上嗣也氏は、有名なおしゃれさんだが、以前、黒いコールテンのパンツについた白いホコリが我慢できず、ガムテープでビコビコ貼り付けて取り除いていた。あまりに力強く貼り付けていたものだから、突然、コールテンのうねごと取れてしまったことがあったらしい(笑)。そのくらい気になるものなのである。

  しかしである。黒いTシャツだからそんな白いホコリが目立つだけであって、実は、洗いざらしの白いTシャツにも同じような白いホコリはしこたまついているのである。皆さんは、そのことに思いを至したことがあるであろうか? クリーニングから帰ってきた白いYシャツも、白いシーツも、白いから分からないだけで、本当は白いホコリがうんざりするほど付いているのである。
そう思うと、本当にがっかりする。がっかりしませんか?

  閑話休題。
  アンテプリマというブランドはバッグが有名だが、今度、私がデザインした「お尻バッグ」が発売になる。それがどのようなものなのかは、六本木店でお手にとってご確認いただきたい。セクシーでキュートですから(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)